ハーメルン
聖闘士セイヤッ! 水晶哀歌~水晶聖闘士になった俺の華麗なる生存戦略~
第8話 思い通りにならないのが人生だなんて分かりたくない生存戦略

 今より十三年前、聖域より失われた射手座の黄金聖衣。
 銀河戦争により、それがグラード財団によって確保されていた事を突き止めた参謀長ギガースは、教皇アーレスの命によってその奪取に動いていた。
 次々と送られてくる刺客たちを前に、星矢たちは苦戦を強いられながらもこれを撃破していく。

 度重なる失敗に、己の地位が失われる事を危惧していたギガースのもとに最悪の情報が届く。
 水晶聖闘士の宣戦布告とも言えるメッセージを受け激怒した教皇が、ギガースの部下であったパエトンにその抹殺に関する全権を与えたというのだ。

 あとが無いと察したギガースは、邪魔者の星矢や紫龍、氷河が日本にいない事を知ると、配下の炎熱聖闘士たちを連れて自ら日本へと向かう。
 しかし、グラード財団の中枢とも言える城戸邸はもぬけの空であり、手掛かりを失ったギガースは姿を隠した沙織たちを誘き出すために、炎熱聖闘士に命じて城戸邸を破壊する。
 義憤に駆られ誘き出された沙織の付き人――辰巳を捕らえたギガースは、隠れ家である山荘の場所を突き止めると襲撃を仕掛けた。

 雑兵たちを倒したものの、炎熱聖闘士の操る炎の前に苦戦を強いられる瞬。
 炎熱聖闘士の必殺技ファイヤースクリューによって炎の中に飲み込まれ倒れてしまう。
 瞬の命を救うため、沙織はギガースに黄金聖衣のマスクを渡すことを決意する。

 その時、瞬を包み込んだ炎が更なる業火によって吹き飛ばされた。
 炎を纏い現れたのは死んだはずの一輝。
 蘇った一輝は炎熱聖闘士を圧倒し、フェニックス幻魔拳の一撃によって倒すのであった。






 世界一周ダーツの旅ー!
 どんどんどん、ぱふぱふぱふー。

 ジャミール、カリブときて、次はどこかなー?
 ダーツを投げてー、ソーレ!!

 ココッ!!

 五老峰!



 ……空しい。

 駄目だな。
 無理やりテンション上げようとしたけど駄目だわ。
 何だろうな、数量限定の商品を買うために並んでいたら目の前で売り切れた、みたいなこのガッカリ感。
 ムウ様まさかの留守だったもんな。新生聖衣、期待してたんだけどな。

 まあ、霞食って生きているわけじゃないし、あんな辺鄙な所に四六時中は居られんわな。
 そういえば、一輝と戦った後の星矢たちを助けるために日本に行っていたか。
 崩れ落ちる風穴から星矢たちをテレポーテーションで救ったんだったか。

 いや、ドクラテスたちの襲撃があった以上、そっちのセンは無いな。
 確か、ムウではなく貴鬼が色々なサポート役になっていたはずだ。
 なら、ジャミールで待っているのも一つの手ではあったか?
 いっそ今から、星矢たちにくっ付いて動く事にするか?

 いや、それじゃあリスク覚悟で教皇を煽った意味が無くなる。
 恐らく、本来星矢たちに向けられていた白銀聖闘士の刺客、その内の何人かはこっちに回されるはずだ。
 全力でぶつかる必要のある星矢たちとは違い、俺の方なら多少は手加減する余裕がある。
 正直、ペルセウス星座のアルゴルか、琴座のオルフェ以外なら何とでもなる。
 これは予想ではなく事実だ。

 けどなぁ。
 それだと世界各地で起きているアーレスの手下による事件が止められないんだよな。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析