ハーメルン
仮面ライダーレギエル
第十話「緋色の覚醒」

レギエルの拳がぶつかろうともびくともせず、炎をまとった蹴りが叩きつけられる。

「弱いな」

「黙れえええええ!!!!」

「私も貴様とお話しする気など無い」

今度は手のひらで受け止め。グイっとひねり、姿勢を崩す彼を思いっきり蹴飛ばした。

「アモン、覚えたぞアモン!!」

「だからなんだ」

蹴とばされ空中を舞うレギエル。翼を広げ姿勢を立て直し、空中から迫る。

「無駄な」

「どうだろうね!」『ラミレシア』『正義。介入、開錠、解放……正義。その、均衡』
『第二体抑制解放・正義強制』

再び上昇し振り下ろす大剣。それを炎が受け止めるが、気に留めずさらに力強くねじ込む。

「なるほど……なァ!」

押し返されるのだが。

「……ぐあ!」

「愚かなものだ」

「うるさい……うるさいッ!」

「うるさいのはどっちだ?」

地面を這うレギエルを蹴飛ばし、首を鳴らす。そうして拳を振り上げたとき、アモンの身を弾丸が襲う。

「またか!」

「明路さんは手を出さないでください!!」

「なんもかも不正解!!明路は来てないし、手を出さないどころかあんたにも戦わせない!」

タオブラスターを捨て、駆け抜けた春子は生身。二度も三度も食らうかと身構えるアモンへ、春子は抽出機を構えつつ向かう。

『ハイプリステス』『融合解放』

シェイドハイプリステスが地面を蹴り、放たれる電撃の閃光。最後に目を伏せたアモンにムーンのキーを突き立て。

『コッフオル』

「……何っ」

幻覚の時間の始まりだ。その身を雷にしてその場を去り。霧と幻覚が晴れればその場には誰ひとり居ない。
アモンを除き……いや、彼もか。

「調子はどうだい?」

「……黒田。馴れ馴れしいぞ、ルシファー様はお前を取り締まる姿勢を見せているのだ。お会いし明確な指令があればお前など消し炭にしてくれる」

その姿はスーツの男へと戻り、壁に腰をかけた。

「天使ひとり逃すのに?私自身が出た方がいい奴かな?」

吊られた男のキーを回す彼を疎む、視線。アモンはただ踵を返すのだった。







第十話「緋色の覚醒」







国立科学博物館。新しい企画展示は東南アジアに注目したモノである。冬休み前のこの時期はいささか地味な展示で、おそらくこれの次は恐竜でもやるのだろう。
オフで会う時の留一には趣味でこういうところに連れ回されるので、明路としても博物館にはいささか思い入れというか、親しみがあった。

「……休むのも久しぶりな気がしてくる」

だがここ最近まずオフ自体あまり存在していなかった。菜摘との外出も数週間前に一度だし、その後料理の日を何度か過ごしたばかり。最近は休むことに気遣ってはいるが、その程度だ。

「ご興味が?」

明路に声をかけたのは博物館スタッフ。明路は春子に勧められてきたという感じで詳しいわけでもないが、こういう話を聞くのは嫌いではない。彼は頷いた。
ちなみに春子は二人で行きたかったようだが、どうしても予定が合わなかったとかなんとか。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析