ハーメルン
仮面ライダーレギエル
第五話「青き道の弾丸」

「おはよ〜!」

「んぁ……浅井さん……」

朝8:00。菜摘を揺すぶったのは浅井留一だ。1人で家に居るわけにもいかないということで、彼はレイフの応接室で寝ていた。仕事が仕事故仮眠でソファで寝るのはまあ慣れている。

「寝心地どーぉ?」

「まあ……ソファだなという感じです。北欧の家具ですか?」

「よく分かったね!デザイナー的にこのインテリア配置の評価をお願いしたい!」

「素敵な家具たちだと思います。……ちょっとコンセプトがとっ散らかってる気もしますけど」

「参考になったよ!いや私が配置担当でさ。今動かすけど気にしないでね」

浅井留一は案外力持ちなようだ。特に菜摘の手を借りずに動くその手はテキパキとしていた。

「そういえば!君を狙ってることを考慮して今日は家に帰るんだよね?迎撃っていうのかな」

「……っはい。明路さんと一緒に」

「私も同行していい?」

「え?構いませんが……大丈夫なんですか?」

「えっ何が?」

「いや開発中のものとか」

「あー大丈夫。もうこれだけでいけるからさ!」

トランクケースを2つ持ち、ニコニコしながら浅井は行くよと告げる。ただ急かすつもりはないようで、起きたばかりですと言いつつ準備する菜摘を、これまたニコニコ眺めていた。

「車お願いできるー?」

「いいですよー」

「ごめんねー!車内でちょっとメンテの続きやるからさ」

トランクケースを開き、中の銃型の装置にPCを繋ぐ後部座席。後ろのトランクルームにもう1つ入れつつ、留一はいつも通りのヘラヘラした態度だ。






第五話「青き道の弾丸」





「バン、貸してくれるんですねレイフから」

「そりゃ一応仕事だしねコレ。最近どう?精神的にいろいろ……さ」

「……この3年間、湖冬に見せたくないことばかり起きるなぁ、って。……親友、でした、葵は。割といろんなこと仲良い、明るい子でしたけど、僕たちとは仲良くて、特に」

「人生の先輩として助言でさッ」

「……はい」

「そういうのって、一緒に見てたら気にならないんだよね〜。ちゃんコフに見せたくないってよりはなんだろ。ちゃんコフ以外と見たくない、みたいな」

目を見開き、軽く頷く姿が車内のルームミラーとフロントガラスに映る。そしてつらそうに少し笑い、いつも通り冗談めかし。

「……ちゃんコフって呼んでたんですね」

「そだよ〜なっちゃん。彼女本当に頼りになったし!感謝してたのね。まーー、ちょっと理屈っぽい子だったけど」

「本当はどうでした?」

「めちゃくちゃ死ぬほど理屈っぽい。ま、だからこそ明路はちゃんと自分のやることがわかってたし、無力感なんてのはなかったかな」

無力感。……今の明路を蝕むものだ。

「僕が……上手くできてないから」

「いや言い直す。顕在化しなかった……かな!爆発してたかもね〜。彼女の論理的な物言いも、君の優しく真っ直ぐな物言いも、多分どっちも必要ってこと」

「どっちも、ですか」

「……アキエルとしてだけじゃなく、地島湖冬って子の持つ個性がみんなに必要だったってこと。レイフで開発中のアレコレのデザインも噛んでは居るし〜?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析