ハーメルン
仮面ライダーレギエル
第九話「紅の魔術師」

「雨野菜摘の場所は聞くだけ無駄らしいな」

炎が巻き起こり、タオの装甲を簡易フライパンへ変える。当然金属ではなく、耐熱性柔軟性に優れる樹脂なのだが、そういう問題ではもはやない。

「……っぐ」

「私は別に人間どもに興味があるわけではない。殺しがしたいわけではないのだが」

黒と白のシェイドは、鳥のような顔立ちに牙、毛、蛇のような鱗。見るからに悪魔という姿をしていた。迫るタオを押しのける、圧倒。

「どこにいる?レギエルは」

「お前は何者だ!」

「質問に質問で返すのは無礼だと思うがな」

『ミチくん大丈夫!?』

「問題ない!」

「誰と話してるんだ貴様は」

首根っこを掴みつつも最後はいら立ち気味に頭突き。ひるむタオをさらに蹴飛ばし、炎で追い立てる。熱い、痛い、苦しい。それでも、何故か服やスーツは燃えず熱だけ伝わる感触。悪魔の炎だ。

「待たせたわね!」

バルトチェイサーに乗った春子が、タオへ投げ渡す、新装備。武器だ。
タオブラスターと同じほどのサイズのその銃。全体的に十字を模したそいつを受け取れば、明路の視界へどんどん説明書が。

「なるほど、そうまでして雨野菜摘と会わせたくないようだ」

「そうなるな。ところで春子。これは……」

「浅井さんは大反対だったわよ。でもあたしが説き伏せた」

春子が続けて投げ渡す、月のアルカナキー。それを十字型の銃改めゴスペルブラスターへセットした。

『コッフオル』『ムーン』

「コッフオル……そういえば名簿に居たな、奴も。奴は」

「ベラベラうるさいぞ!」

『Good Bye!』

「っぐぁああ!!」

悲鳴を上げたのはタオの方。手が焼け、ぶっ飛ばされる反動とともにタオがぶつかり、バルトチェイサーが倒れ込む。バイクには傷ひとつつかないのがさすがではあるが。
とはいえ不発ではない。着弾点に放たれた霧が、シェイドへと幻覚を放つ。

「っ……!」

「チャンスって言いたいけど……明路アンタ大丈夫?」

「ああ、大丈夫だ!」

その身を奮い起こす彼をよそに、シェイドはまともに取り合うつもりなし。あたりに炎を放ち、姿を消した。幻覚に付き合う暇はないという判断だろう。
同時に何か緊張の糸が切れたのか、タオが膝をつきかける。それを春子が支え、部下の乗るバンへ。彼女がバルトチェイサーに乗り込み道を引き返す。







第九話「紅の魔術師」






大きな怪我はないが打撲と疲労が見られ、何より手の火傷が射撃の邪魔になる。次タオが出るなら春子が行くとの事で決まった。
明路に申し訳なさそうにする反面、留一と春子はお互いを牽制しあうような視線だった。

「……どうかしたのか?」

「いーえ?別に」「いやぁなんでも」

「? そうか」

妙なところで息は合っているが。

「不甲斐ない。俺は負けて怪我をすることが多くないか?」

「前線に出て戦ってりゃね」

今回はベッドではないが、それでも包帯の巻かれた右手に思うところはある。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析