ハーメルン
起きたらマさん、鉄血入り
9.武力を背景にした為政者の発言は恣意的な情報改竄を疑うべきである

「んんー!埃っぽい!率直に言って最悪ですねえ!」

長身痩躯の男が車から降りるなりそう有り難いコメントをしてくれる。

「空調効きっぱなしのコロニーとは違うさ。慣れてくれたまえよ」

「研究をさせて頂けるなら文句なんて言いませんとも。あ、でも出来れば部屋は奥の方にして貰えますか?人体を扱う都合上やはり異物は宜しくありませんので」

「取敢えずは食料庫用だった部屋を使ってくれ。あそこなら温度管理も出来るしね。他に必要な物は?」

「取敢えず医療用のポッドがあるなら、後はそのうちで構いませんよ。あ、でも」

「ん?」

「弄って良い検体は何時都合してくれますか?」

朗らかに笑う青年に俺は溜息を吐いた。こいつ全然懲りてねえな。まあ懲りるような奴ならギャラルホルンに追われてこんな所までやって来ないか。
彼の名はフレデリック・ハーバー。元ギャラルホルンの科学者だ。タービンズとの取引の際にお願いしていた、阿頼耶識システムに精通した人材の派遣によって我が社へ送り込まれてきた人物である。ぶっちゃけすっごいMADっぽいので体のいい厄介払いをされたのではと俺は睨んでいる。

「大体ギャラルホルンもテイワズもひどいんですよ。僕の研究の意義が全く解ってない。やれ禁忌だ人道だって。人類の進歩を前にそんな些細な事を…?」

饒舌に語るフレデリックの首根っこを掴み、強引に体を寄せる。ホント学者って連中は世間体という常識をなくした奴ばっかだな。

「フレデリック。私は君の研究に理解を示しているつもりだし、有意義だとも認識している。だが阿頼耶識被術者を誰であれ二度と検体などと呼ぶな」

「……」

「君にとっては弄り甲斐のあるサンプル程度の存在かもしれない。けれどそのサンプルは誰かのかけがえのない人でもあるんだ、それを忘れるな。命の保障はしかねるぞ」

大体お前を呼んだのはその被術者の身体の安全を考えてなんだぞ?知識のために研究が必要である事は認めるが、目的と手段をはき違えて貰っては困る。

「喫緊で治療が必要な者は何名か既に運び込まれている。急ぐ必要は無い、代わりに絶対に死なせるな。いいな?」

「は、はい」

ホント大丈夫かな、こやつ。




フレデリック・ハーバーの家は地球でも上流階級に含まれる家だった。実家の異常さに気がついたのは、間抜けにもギャラルホルンの高等教育校に入学してからだった。初等部や中等部は一般的な教育機関とあまり差のないカリキュラムだったが、流石に高等部となると将来の進路に沿って内容が細分化してくる。この時多くの若者は、家を継ぐ為に家業としている学科を選択するのが一般的なのだが、フレデリックは自身の家の家業を知らなかった。漠然とギャラルホルンに所属しているのだから軍務についていると安易に考えていたのだが、父は毎日帰宅していたし、長期の遠征などに出かけたこともない。そもそも同じ家格の学生と話せば、自然と出てくるセブンスターズの中でどの家の傘下かという事すら彼は知らされていない事にその時漸く気がついたのだ。生来好奇心が強かった彼は、一度疑問を覚えてしまったら、それを解決せずにはいられなかった。そして彼は知ることになる。ハーバー家の最奥、誰も普段近寄らない父の書斎の更に奥に眠っていた旧世代のコンピューター。そこに記されていたのは膨大な量の阿頼耶識システムに関する資料だった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析