ハーメルン
起きたらマさん、鉄血入り
13.悩むのは若者の特権であり、答えるのは大人の特権である

「うむ。大漁大漁」

二番艦シラヌイと三番艦ジャックオーランタンに曳航されて移動する三隻の船を眺めながら、俺は満ち足りた気持ちで頷いた。ブルワーズはトップ二人を同時に失ったことで戦意を喪失。援軍としてこちらのウィル・オー・ザ・ウィスプが現れた時点で降伏の信号弾を乱射していた。突入部隊が侵入し掃討を行ったが、然したる抵抗もなく大人しく皆捕まった。

「大漁は解りますけど、どうすんです?こいつ等」

困った表情でそう聞いてきたのは、3番隊のビスケット・グリフォンだ。浮浪児やヒューマンデブリで構成されている3番隊の中では珍しく、家族も居れば修学経験もあるという異色の存在だ。いや、こっちが異色とかやっぱりこの世界ふざけてるわ。
彼が指示したのはタブレットに並んでいる捕虜のリスト。それもヒューマンデブリではなく、大人の海賊達だ。これまでは多くても2~3人だったが、今回は一気に20人位捕まえたからな。流石にこの人数をクリュセの警察に突き出しても、向こうが困ってしまうだろう。

「うーん。いっそ売ってしまうか?」

「…ヒューマンデブリにするんですか?」

俺の言葉にビスケットが顔をしかめる。彼は優しいから、仲間と同じ境遇の人間が増える事が気持ちとして整理出来ないのだろう。

「いや、どちらかと言えば派遣社員というところだな。確かテイワズが資源衛星で使う鉱夫を探していたから、そこに送ってしまおう」

タービンズ辺りに買ってもらって、その後は自分の人生をタービンズから買い戻して貰おう。彼らの今までの所業からすればぬる過ぎる判断ではあるが、ここで苛烈さを見せつけては教育上宜しくない。敵は誰彼構わず皆殺しなんて最悪の選択である。

「で、他の連中はどうしてる?」

3番隊は先に休憩に入らせている。これはまだ若すぎる連中も編成されているからだ。一部からブーイングが出たが、

「子供より体力がないクソ雑魚ナメクジだと認めるなら、彼らより先に休むといい」

と説得したら全員沈黙した。うん、意地張れる大人はいい大人だぞ。

「それがちょっと変な雰囲気でして」

「どういう事だ?」

俺が聞き返すとビスケットは一度深呼吸をすると状況を教えてくれた。

「ミカヅキは何だかピリピリしています。オルガは部屋から出てきません。それと、アキヒロが…」

「アキヒロがどうしたんだ?」

「すごく落ち込んでいます。なんだか、捕まえた連中と何かあったみたいで」

なにかって何だ。意味がわからん。

「俺たちが聞いても、罰が当たったとか俺が悪いとか言い続けてて会話にならないんですよ」

そいつは良くねえな。

「解った。少し様子を見てみよう。ああ、ビスケットももう休め」

「いえ、俺は戦ってた訳じゃないですし」

「休んでいる時に仲間が働いていたら落ち着かないだろう。自分の為に休めなくても、彼奴らの為に休め。いいな?」

「…はい、解りました」

宜しい。さて、それじゃ一つ部下とコミュニケーションと洒落込みますか。




「罰が、当たったんです」

訪ねてきた相談役にアキヒロはそう答えた。

「最近、俺はずっと楽しかった。仲間と騒いだり、相談役とバカやったり。だから勘違いしちまったんです」

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析