ハーメルン
起きたらマさん、鉄血入り
15.夜明け前

まだ薄暗く肌寒さも感じる時間、大勢の人間が広場に集まっていた。その表情は様々であるが、多くは困惑、そして不安を宿している。
無理もあるまい。集まっているのはCGSに所属する全ヒューマンデブリ。そして周囲は正社員に遠巻きとはいえ囲まれているのだ。落ち着いているのは最古参である3番隊の面々だけだ。その彼らにしても、その顔には困惑が浮かんでいるが。指定された集合時間ちょうどになると相談役が現れ、設えられていた壇に登る。そして拡声器のスイッチを入れると、いつも通りの調子で話し始めた。

「諸君、おはよう。こんな時間から済まないね、夜勤の皆はご苦労様だ。けれど大事な話があるからもう少しだけ付き合ってほしい」

そう言うと、相談役はゆっくりと集まった面々を見渡した。

「先日我が社は大きな転機を迎えた。とても幸運な事に火星周辺を荒らしまわっていた連中が最近居なくなってね。おかげで我が社のサルベージ業は本格的に事業拡大を行う運びとなった」

集められた者の内、半数近くが微妙な顔になる。恐らく居なくなったときの事を思い出しているのだろう。虐げられていた相手から拾い上げてくれた恩人ではあるが、戦場において対峙した時の心理的外傷は簡単に拭えるものではないのだ。

「これも偏に諸君らの献身が実を結んだと私は確信している。そしてわが社がさらに大きくなるには更なる努力と献身を求める事になるだろう。まあ、それはそれとして。信賞必罰。会社が皆の努力で儲かったなら、その努力に会社も報いる事が健全な関係であると私は思っている。故に私は、君たちの献身に報いたいと思う」

そう言うと相談役は、片手に吊るしていたアタッシュケースを持ち上げる。

「ここには契約書が入っている。そう諸君を縛り付けている、忌まわしいあの保有権利書だ」

相談役はそのアタッシュケースを段の下であきれ顔で立っているトドに手渡した。

「CGS社長、マルバ・アーケイの代理として諸君らに告げる。本日この時をもって、我がCGSは諸君らに権利書を返還する」

沈黙がその場を支配した。しかし言葉の意味を理解する者が現れ、それが周囲に共有されるにつれて沈黙はざわめきに代わり、ざわめきは大音量の混沌へと代わる。喜び抱き合う者、手を空へと突き上げる者。反応は様々であったが、多くの者は喜びを自らのあらん限りで示している。それを遠巻きに眺めていたササイが皮肉気な表情で口を開く。

「あーあ、本当に言っちまいやんの」

ササイ達のような一般社員からすれば、目の前の光景は手放しに喜んでいいものではない事が解る。何せ組織の多くをほぼ無料で回していた労働力が、突然有償に置き換わるのだ。さらに言えば権利書を返還し、一個人として扱うならば就業の自由を認める必要があり、その中にはCGSから辞する事も含まれる。当然その権利は4番隊に所属している少女達も与えられるのだ。社の未来より遥かに喫緊の問題に焦燥感を募らせている隊員は少なくないだろう。

「心配するな。あの悪魔みてえな相談役が考えなしにする訳ねえだろう」

横で同じように眺めていたハエダはむしろ楽しげな笑みを浮かべつつそうササイに話しかけてきた。

「そもそもだぞ、今あいつらが人間に戻ったとしてもだ。学もなければ技術もねえような成り立てを律儀に一人前として雇ってくれる場所があると思うか?」

「…あっ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析