ハーメルン
起きたらマさん、鉄血入り
20.正義とはその人間の価値観によって定められる不確かなものである

「私はギャラルホルン実働部隊所属、クランク・ゼント!そちらの代表との1対1の決闘を望む!」

「決闘だぁ?一方的に襲ってきた奴らが今更何言ってやがる!」

左腕の盾に赤い布を纏わせたグレイズは、本社から少し離れた場所で制止すると、そんな事を告げてきた。それにシノが怒りを隠そうともせずに吐き捨てた。

「私が勝利したら、そちらが鹵獲したグレイズとクーデリア・藍那・バーンスタインの身柄を引き渡して貰う。勝負が付き、グレイズとクーデリア・藍那・バーンスタインの引き渡しが済んだ後は、全てこの私が預かる。ギャラルホルンとCGSの因縁は、この場で断ち切ると約束しよう!」

一方的な物言いにミカヅキが目を細める。

『どうする相談役?今なら仕掛けられるぜ』

『態々乗ってやる必要もねえよな?』

MSで待機しているハエダとササイからも好戦的な言葉が漏れた。いかんな、皆殺気立っている。

「わ、私が行きます!無駄な争いをする必要はありません!」

皆の後ろから現れたバーンスタイン嬢が声を震わせながらそう言い放つ。責任感もあるしそれを取ろうと言う気概もある。なんだ、良い娘さんじゃないか。

「俺は反対だね、実働部隊の人間なんて下っ端じゃねえの。そいつの口約束なんて信用できる要素が何処にもねぇよ」

「ここは是非相談役のご高説を賜りてえ所だな?」

トドが半眼で呻き、マルバが口角を上げてそう口にする。言うまでもないと思うんだけどなぁ。

「ハエダ、悪いが降りてくれ。私が出る」

「俺がやるよ?」

そう俺がハエダに通信を入れているとミカヅキが剣呑な目つきでそう提案してくる。そんな彼を諭すために口を開く。

「駄目だミカヅキ、まだお前さんは手加減が下手だからな。うっかり殺してしまう訳にはいかんから、今回は私に譲れ」

「なんで?」

なんで、かあ。見れば他の連中も大体同じ表情だ。無理もないよな、一方的に襲われて仲間を殺されたんだ。そんな相手が今更正々堂々戦おうなんて出てきて、律儀に話に乗ってやろうと思う方が異常だろう。殺し合いならば。

「奴は今決闘を申し込んできた。つまり殺し合いじゃない、戦争をしに来たんだ」

「どう違うの?」

全然違うよ。

「殺し合いは命のやり取りそのものが目的だ、だが戦争は目的の為に命のやり取りを行う。やることは一緒だが、求めているものが違う。そして」

眉を寄せるミカヅキに俺は諭すように告げる。

「目的が果たされるなら、戦争は相手を殺さなくてもいい。つまりアイツは少なくとも私達を殺すために来たんじゃない」

「散々しておいて今更?」

そうだよな、俺もそう思うよ。

「ああ、今更だよ。でもなミカヅキ、前にも言った通りここでアイツを殺したら、一度でも戦えば我々は話し合いなどには応じない連中だと奴の仲間に思われることになる。そして奴はギャラルホルン、この世界で最大の軍事組織の一員だ」

俺はミカヅキの肩を叩くと、倉庫へ向けて歩き出す。

「恨むなと言わん、許す必要など無い。だがそういう連中を全て殺していたら、私たちは戦いが間違っている世界になど、一生たどり着けん。あんな連中の為に諦めてしまうのは少々もったいないだろう?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析