ハーメルン
起きたらマさん、鉄血入り
22.運命とは都合の良い錯覚である

「あー!ミカヅキ来たー!」

「クーデリアもだ!ミカヅキ、他は?モチョチョさんは?」

「相談役は仕事が忙しくて今日は無理だって」

「「お兄ちゃん!!」」

「ミカヅキ!…とクーデリアさん?」

元気の良い双子が駆け回り兄であるビスケットに抱き着く。その様子を目を白黒させながら見ていたクーデリアが疑問を口にした。

「もちょ?」

「ああ、相談役の事ですよ。以前、ベイクド・モチョチョってお菓子を作ってくれまして」

そうビスケットが困った顔で笑った。失礼だから呼び方を改めるよう注意したが、逆に相談役が許してしまったのだという。それ以来双子の妹達は彼の事をモチョチョさんと呼ぶのだという。そのような説明を受けていると、初老の女性が近づいてきてぶっきらぼうに言い放つ。

「ふん、揃ったみたいだね。じゃあ始めるよ」

「うん、サクラちゃん」

そう頷くと籠を持ってミカヅキが歩き出す。クーデリアはその後を慌てて追った。

「あの、これは?」

「サクラちゃんはビスケットのおばあちゃん、ここはサクラちゃんの農園。ウチは良く収穫の手伝いをしているんだ」

言いながらミカヅキはコンバインによって刈られた畑の中へと入り、足元のコーンを拾う。クーデリアも見よう見まねで続くが、段々とその作業に熱中し始める。学業においては大学まで飛び級で進むほど修めているクーデリアであるが、一方でこうした畑仕事や市井での生活には全くと言って良いほど触れていない。彼女にとって体を動かしての収穫作業はとても新鮮で楽しい行為だった。

「ん、んんー!!きゃっ!?」

まだ刈られていない枝からコーンをもぎ取ろうとした彼女はバランスを崩して倒れかける。それをミカヅキが咄嗟に支えた。

「大丈夫?」

「え、ええ。ありがとうございます」

コーンを抱えたまま礼を言うクーデリアに、ミカヅキが変わらぬ表情で問うてきた。

「それ、幾らだと思う?」

手の中のコーンを指され、クーデリアは少し考えた後口にする。

「200ギャラーでしょうか?」

一般的に市販されているコーンの値段が300~320ギャラー程、そこから導き出した答えだが、ミカヅキは頭を振って否定する。

「10キロで50ギャラー、この辺りの農場で穫れるのは殆ど食用じゃなくてバイオ燃料として買いたたかれてる。食用は企業が雇った契約農家が作って卸してるから普通の農家が作っても買い取って貰えないんだって」

「……」

「この辺はまだ運がいいんだってサクラちゃんが言ってた。CGSが食用として買い取ってくれる分があるから、全部燃料用にするよりは儲かってるって。ビスケットの給料も上がって、クッキーとクラッカーも学校へ行かせてやれるかもしれないんだって」

言いながら遠くを見ていたミカヅキが振り返り、クーデリアへ頭を下げた。

「だから、会社がなくならないように頑張ってくれてありがとう。バーンスタインさんが無事に地球にたどり着けるよう、俺も頑張るよ」

その言葉にクーデリアは顔を背けた。自分が来たからCGSは襲われた、そしてその結果として命が奪われたと言う気持ちがぬぐい切れなかったからだ。

「自分のせい、なんて思わなくていいよ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析