ハーメルン
起きたらマさん、鉄血入り
27.言葉が通じることと理解して貰うのには大きな隔たりがある

『クランク二尉は、貴様達を救おうとしていた!それを、貴様らは!!』

「くっ!」

感情を露わにしながらハンドアックスを振るうグレイズに、出かけた声をロッドは懸命に堪えた。出撃前から、既にリアクター反応で戦場にアイン・ダルトンが居る事は解っていた。

「袂を分かって日も浅い。無理に出る必要は無いぞ」

そうこちらを気遣ってみせる相談役に出撃を申し出たのはロッド自身だった。

「ギャラルホルンのあり方を間違いとしておきながら、情でまみえぬなど筋が通らん。元ギャラルホルンだからこそ、私は出なければならんのだ」

真剣にそう告げるロッドへ相談役は眉を寄せながら溜息を吐きながら応じる。

「お前のような奴を何人も見てきた。まったく、真面目な軍人と言う奴は死にたがりで困る」

そう言って相談役はロッドを睨むと釘を刺してくる。

「出撃は許可してやるが、一言たりとも喋るな。お前はもう死んだ事になっているはずだ。生きてしかも我々に協力しているなどとなればお前の関係者にどの様な累が及ぶか解らん。それから間違っても死ぬな。貴様はまだやらねばならぬ事が山程残っているのだからな」

『命を奪うだけに飽き足らず、形見すら嬲るとは!最早容赦などしない!!』

ハンドアックスが交錯し、衝撃がコックピットへ響く。

(アイン!)

ロッドは呼びかけたくなる衝動を懸命に堪える。アイン・ダルトンは彼の教え子の中でも真面目で正義感が強く、そして逆境であっても腐らない強さがあった。ロッドから見ても視野の狭さが気になったが、それでも好青年と呼べる人間であった。故にロッドの中に淡い期待が生まれる。彼ならば秘密を打ち明けても良いのではないか?片親が火星出身だと言うだけで不当な扱いを受けた経験もある彼ならば、それを正そうとしているこの行いに賛同するのでは?立場を捨てられずとも、見逃してくれるのではないか?そのような思いが膨れ上がり、口から飛び出そうとするのを彼は唇を噛みしめて堪えた。

(いい加減にしろロッド・ミライ!貴様はその短慮で何をしでかしたか忘れたのか!?)

沈黙を続けながらロッドは機体を操る。命じられるままに多くの作戦に参加してきた。今回のように事前に人員構成まで把握できていた例は無かったが、顧みればその中にヒューマンデブリと呼ばれる者達が含まれているなど容易に想像が付いた。そんな者達を散々殺しておいて、偶然知れたからと憤り自分勝手に動いた結果がこの様だ。

(上手く立ち回っていれば、コーラルの不正を証言する機会だってあった。この様な危険を事前に避けられた筈だ!)

自らの衝動的な行動が現在の結果に繋がっていると信じている彼は、出撃前に相談役が口にした可能性について強く意識していた。グレイズに装備されている短距離レーザー通信システムは極めて単純な構造である。常に全方向に通信用レーザーを発信し、相互の回線を構築しているのだ。これはエイハブリアクターによって電波に依存したあらゆる手段が妨害されてしまうためである。残る方法はアンカーを使用した有線通信であるが、戦場で敵対者と有線通信で繋がっていたなど不審この上ない。そもそも戦闘中のデータは全て戦闘後に確認されるのだから、通信ログが残っている時点で終わりだ。生存を知らせたいと思う気持ちと同じだけ、アイン・ダルトンを巻き込んではならないと言う思いがロッドの口を頑なにする。しかし、彼の予想以上にアイン・ダルトンは優秀で聡かった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析