ハーメルン
起きたらマさん、鉄血入り
4.人間は欲求が満たされていれば、多少の不満は許容できる

「もー!ササイさんのエッチ!」

「おさわりは禁止でーすっ!」

「かたい事言うなよリザ、ミルダ~」

鼻の下が伸びきった表情でササイ・ヤンカスは猫なで声を出す。その間も両脇に侍らせた少女たちの体を無遠慮にまさぐる。それを止めたのは意外にも同僚のハエダ・グンネルだった。

「その辺にしとけ、ササイ。また出禁にされるぞ?」

「うへ、そいつは勘弁」

言うと同時にササイは両手を上げて降参のポーズを取る。そのお道化た雰囲気に、両脇の少女が笑い、淫靡さよりも和やかさが勝る空気になる。

「ここを知っちまったら街の店なんかで飲めねえよ。悪かったな、リザ、ミルダ」

「ササイさんはちゃんと時間と場所を弁えられる人だもんね?」

「そっちのサービスは後で個人的に、ね?」

親子ほど離れた年に見える娘にそう上目遣いで告げられ、ササイは再び鼻の下を伸ばす。それを見てハエダは眉を寄せながら再び苦言を呈した。

「明日もあるんだ。程ほどにな」

CGS本社の一角。元は倉庫だったその場所は、現在社員用の慰安施設として作り替えられていた。酒と女を格安で提供してくれるこの施設は男性社員、特にそうした欲が旺盛な1・2番隊の人間に非常に好評を博していた。

「しっかし、訓練じゃ鬼みてえな奴ですが、中々粋な事もしてくれるじゃねえですか」

「あの訓練とつり合いが取れてるかは微妙なところだがな」

上機嫌で社長相談役を持ち上げるササイに苦虫を噛み潰したような表情でハエダが応じる。

「どうせ払った金は酒と女に消えるんだろう?なら用意してやるからここで済ませろ」

訓練の過酷化、3番隊への体罰禁止、更に職務の増加でCGSに所属する大人たちの不満は増加していた。そんな状況を打開するために彼らが選んだのは、社長であるマルバへの賃上げ要求だった。元々吝嗇家で賃上げをしない代わりに状況を放置していた社長にそう詰め寄ることで交渉を行うつもりだったのだ。
賃上げが出来ないならあの相談役を追い出すか、最低でも現場への口出しをさせないよう要求する。それなりの勝算を持って挑んだその交渉は、社長相談役の言い放ったその言葉で頓挫した。元々ハエダ達は知恵が回る方ではなかったし、そうした方面に強かったトドが真っ先にあちらへ付いてしまったためにそこから再交渉につなげる事すらできずに彼らは引き下がってしまった。そして交渉から一か月後に開放された慰安施設は、彼らの想像を凌駕していた。まず酒、店で飲めば倍では済まない金額の酒が当たり前のように手ごろな金額で並んでいる。提供されるつまみは種類こそ少ないがどれも味が良く、やはり金額は良心的だ。
だが何よりも彼らの心を鷲掴んだのは、愛らしく若々しい娘達の存在だ。表向き彼女たちはCGSの社員であり、施設も偶然相席しているだけの仲という事になっている。事前に示し合わせて施設で合流するためのアプリが全員の支給端末に入っているが、福利厚生の一環として端末のプライベートでの使用が社員同士では許可されているので何らやましい事は無い。断じて事前にお目当ての子を予約するようなアプリではないのだ。ちなみにCGSは社内恋愛について一切禁止をしていないし、プレゼントの贈与に関しても個人の自由を尊重している。致して懸想した相手に、不器用な男が何を送ってよいか解らず、現金を渡したとしても当局は一切関知しない姿勢である。ただし行き過ぎたトラブルは社に損失を与えるとして報告義務と制裁措置が設定されているが。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析