ハーメルン
起きたらマさん、鉄血入り
5.成功には才覚が要る、そして才覚のある者は少ない

マルバ・アーケイは良くも悪くも凡人である。彼の不幸は言ってしまえば凡人でありながら幸運だった事だ。クリュセのそれなりの家庭に生まれた彼は、多くの恵まれた若者がそうであるように良識と常識を身に付け社会へと巣立つ。彼の不幸の始まりと言える最初の幸運は、個人商の真似事をしている最中に、悪魔の名を持つMSを発見してしまった事だろう。教えられてきた正義と遥かに乖離した現実に憤っていた彼にとって、この出会いは運命に感じられたのだ。もちろんそれは運命だったのだろう、尤もそれが良いか悪いかは別として。もし彼が根っからの悪人だったならば、手にした幸運を悪用するに留まり、もっと平穏に惨めな終わりを迎えられたかもしれない。しかし若かりし頃の彼は、この力で不条理な世界に抗えるのではないかと考えた、考えてしまった。なけなしの財産に親の遺産までつぎ込んで会社を設立。社会の弱者として扱われる者たちの受け皿になろうと、彼は本気でそう思っていた。だが幸運は永遠には続かない。会社の運営に対する知識を持っていても、彼にはそれを大過なく運用する才覚は持ち合わせていなかったのだ。当初は彼の熱心な態度に乗り気であった出資者達も、業績が上がらないと見ると、一人また一人と手を引いていった。知識のない者、未熟な者を扱う事の難しさをマルバが痛感した時には、CGSは投げ捨てるには大所帯であり、マルバのなけなしの才覚とコネで何とか自転車操業を続けているという有様だった。
そして人は貧すれば鈍する。能力がない従業員は扱えない、ならば使えるようにすればよい。
どちらにせよこのまま放置すれば衰弱して死にゆくのだ。ならば多少の犠牲は出るにしても多くの命が明日へつながるだけの力が手に入るなら、使わない事はない。
自らをそう欺瞞して、マルバは浮浪児達へ阿頼耶識システムの施術を指示する。最初は能力の低い者だけだったそれが、全員に植え付ける事が当たり前になるまでそれ程時間はかからなかった。

「声かけに応じたのは10人か」

「ウチは悪名高い人さらいのCGSですからね。むしろ10人集まっただけ上出来でしょう」

そう言ったのは2番隊を纏めているサブード・カタンだった。元は最近変死した金持ちの私兵をやっていたとのことだが、詳しい経歴は聞いていない。ある日埃まみれで帰ってきた相談役が戦利品と称して連れてきた人間の一人である。

「予定通り体力テストの後、配属を決めます。まあ、半分は5番行きだと思います」

そう続いたのはヤスネル・ハンクだ。彼も同じく戦利品の一人であり、マルバは経歴について目を瞑っている。彼の口にした5番隊は4番隊とほぼ同時期に編成された新設の隊で、主に基地内の雑務全般を取り扱う隊である。年齢性別すべて不問のこの隊は言ってしまえばマルバが最初に目指した弱者救済用の隊だ。表向きは経験豊富な老人の技術吸収並びに若手の育成と言う事になっているが、内容が文字通り子供の手伝い程度で衣食住を提供しているのだから。設立当時は古参の大人達から不満の声も上がったが、相談役の、

「ならばすべて自分でやれ(意訳)」

と言う非常に解りやすい説得と、雑務の拘束時間が減ることで慰安施設の利用時間が増える実利の前に沈黙した。

「施術無しならそんなもんだろう。全員満足に雇えるだけ気楽なもんだ」

阿頼耶識システムの施術成功率は決して低くない。だがそれは施している側の理屈であり、施される側からすれば何人かに一人は必ず発生するリスクだ。マルバはその成功率の低さから目を背けるために次第に施術に立ち会わなくなったが、それでも浮浪児達を運んできたトラックが再び何かを載せて走り去るのを何度も見送っている。そう溢すと二人が驚いた表情を作っている事に気づき、マルバは不機嫌そうに睨みつける。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析