ハーメルン
壊れた器は元には戻らない
暗躍する影

 新入部員勧誘期間。
 達也は風紀委員として二科生とは思えない活躍を見せていた。
 いや、見せざるを得ない状況ばかりだったと言うべきか。
 第二小体育館で剣術部のエースを取り押さえてから、達也を探るかのように彼をあらゆる方法で妨害。中には闇討ち紛いの襲撃を受けていたりと普通の高校生なら気が滅入るはずだが、達也はそれらを相手取りながら顔色一つ変えずに風紀委員の仕事をこなしていた。
 部活に入るつもりがない秋水は、部員の勧誘が激しくなる放課後に校舎の屋上で達也と、その周囲の人間たちを監視していた。特に上からでは目が効かない場所では達也に迫る脅威を目で判別するのは難しい。
 メインストリートの喧騒に顔をしかめながら、神経を尖らせ、耳に届く音を判別する。
 トラブルがあったという連絡が来たのか、迷うことなく走り出す達也。テントが林立するエリアとは反対側にある植木の陰から、達也に向けて魔法が放たれようとしている兆候を感じ取った。それは達也も同じことだ。彼から放たれた無系統魔法――二つのサイオンの波によって魔法式が未発のまま霧散した。
 魔法式がエイドスに働きかけるのを妨害する魔法。その一種として広く認知されている魔法、キャスト・ジャミングと酷似している。
 即座にターンした達也は、魔法を撃ちこんできた犯人を追おうとした。
 しかし、追いかけてくることを想定していたのか、達也がターンしたと同時に高速走行の魔法を使って犯人は逃走。達也は長時間の追跡になると判断したのか、すぐに追いかけるのを止め、本来の業務へと戻っていく。
 秋水は達也から視線を外し、犯人の男へと意識を向ける。一見穏やかな雰囲気があるが、彼から発せられる『音』は悪意が混じったものだった。純粋な悪意ではない。彼から生じたものではなく、他の誰かに取り憑かれ、操られているようなものを感じた。
 平穏を乱す魔の手が迫ってきていることを、秋水の警鐘が知らせていた。
 相手が一人とは考えられない。裏に誰かいるはず。それを探るためにも秋水はすぐに行動に出る。
 懐から取り出したのは白紙の札。それを地面に置いて、秋水は手を合わせる。すると、札に青色で浮かび上がる文字や符号。それは、古式の魔法師が使うCADの代わりの一つである呪符を連想させる。

「――水面に波紋を残し、踵鳴らして何処へ行く。音、絶つこと叶わず。我が手に汝の行く末、見届けたる糸あり。四道共鳴・悪鬼月映」

 詠唱を終えると、札が宙に浮き、どこかへと飛んでいく。
 後は時間が経つのを待つだけとなった秋水は、再び達也の方へと視線を向けた。

 勧誘期間が終わってから一週間が経った頃、放送室が一科生と二科生における差別撤廃を目指すという有志同盟によってジャックされた。
 彼らは生徒会、部活連と正当な交渉の場を設けることを求めており、それを全校放送で訴えていた。すぐに風紀委員会が対応したが学校側がこの件の対処を生徒会に一任した。生徒会は有志同盟のメンバーと話し合い、交渉の場を設けるということにして討論会が開かれることになった。
 討論会に参加する生徒会の役員は生徒会長・七草真由美のみ。
 討論会は話し合いを行った二日後の放課後に行われるということになり、生徒会側には役員同士で話し合う時間がない。小さな食い違いで揚げ足を取られることを考慮した結果、生徒会長のみが討論会に参加するという判断をした。
 だが、ただの討論では終わらない。達也のそう思えてならなかった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析