ハーメルン
身に覚えのない「妻」と「娘」を名乗る不審バの狭間に
「お目覚めは如何かね、君」

見覚えのないその髪に、その瞳に。手の温もりに。


[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析