ハーメルン
身に覚えのない「妻」と「娘」を名乗る不審バの狭間に
「おかえり」

今の彼を招き入れることは、私のエゴに過ぎない。
わかっているさ。

勢いでそのまま家に連れ帰ってしまえ、と思っていなかったと言えば嘘になる。
まるで飲み会が終わった後の話のようだ。自分で決めておいて笑えてくる。

彼が冷静になり、疑問を覚え始める前にせめて住処だけでも確定させないとならない。
きっとあの石頭は生来のものだ。

何故か?

「いいんですか、私を上げてしまって」

こうなるからに決まっている。
何故よりによって玄関前になって、と思わなくもないが、土壇場でこう言うところに気づいてしまうのが、トレーナー君という生き物だった。

「わかっていると思います。現在の私は、あなたの知っている私じゃない」

分かっているさ。
そんなことは、分かっている。

雨の中で見た、きみの目の色は、私の知るそれではなかったのだから。
同一人物でありながら、別人。
もはやそれは明らかだというのに、目を逸らしてきたのは私の弱さだ。

「おや、これはおかしなことを言うじゃないか」

私は君の妻だ。だから、君を自宅に引き取ることのどこに異常性があるだろうか?
そう、社会通念上、それは明らかだ。
だけれど、私はそれを十分に説明しなかった。
意図的に。こうなると分かっていながら。

「少なくとも、私の知っている君と、君の知っている君は同一個体であるはずだよ」

声は震えていないだろうか。

覚悟は決めたつもりだった。
記憶を失い、私と出会う前の状態ということは、今の彼にとって私は赤の他人に等しい。

「そうでしょうね。それでも、違うんです」

分かっているんだ。
私と過ごした日々は、きみを愛した私は、もう君の中にはいないのだと。

「……私の知るきみは、もうどこにもいないのかな」

思わず口から溢れた言葉。
どうしようもなく、悲しくて。


「私は、あなたのことを知ら―――」

破滅的な事実が告げられる、その瞬間に。

「どっせえええええええい!」

何故か、凄まじい雄叫びが響き渡った。










えーっ!?

何故だろう。
私の隣を、何か飛んでいった。
私は一体何を見たと言うのだろうか。

振り返ると、リビングのソファに着弾したのか、ひっくり返って目を回す彼の姿。
人間がああまで飛ぶところを見るのは、2週間ぶりぐらいだ。
1度目はトレーナー君が事故に遭った時なので、ごく最近に二度も目にしていることになる。

恐る恐る振り返る。

そこには、髪を逆立てて青筋を立てた、元ルームメイトにして、遠縁の親戚の姿があった。

「ふしゅー……」

どてらを羽織って、額には冷却シートを貼った、見慣れた姿。
手に付けた指抜きグローブの下にも冷却シートを貼っている辺り、また修羅場を迎えている、ということだろう。

「……デ、デジタル君……?」

彼女が何故ここに、とも思ったが、そういえばここ何日か時間があるときに食事を差し入れてくれていた。
どうやら彼女がトレーナー君を渾身の力で投げ飛ばしたらしい。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析