ハーメルン
ハルウララ ~有馬突破のキセキ~
第三話 伏兵

『先頭を切るのはやはりこのウマ娘、セイウンスカイ!』
『セイウンスカイがものすごいスタート!やはり得意の逃げに打って出た!!』

『シンボリルドルフ、ナリタブライアンあたりは3、4番手あたりでこれを見ていく感じ』
『グラスワンダーやエイシンフラッシュはやや後方』

『スタートはそれぞれ得意な位置を選んでいるようです!』
『果たしてここからどういった展開となりますか!』



『先頭セイウンスカイは今日も気ままに一人旅!』
『そこから3バ身ほど開けてシンボリルドルフら先頭集団』
『それを見るようにグラスワンダー』


『7番、8番がつづき後方にエイシンフラッシュ、他のウマも様子をうかがう』
『最後尾は12番………』

『………!?』




『あれ!?』
『ハルウララは!?ハルウララはどこだ!?』

『ハルウララの姿がない!いつも位置する中団から後方に彼女の姿がない!』
『バ群に隠れたか!?』

『いや、ここだ!!』
『ここにいましたハルウララ!!なんと!!』
『先頭を走るセイウンスカイ、その裏に隠れるように桜色の髪が靡いているっ!!!』


『なんと先頭!!逃げに打って出ましたっ!!』


────────────────
────────────────

「ウッソでしょ……」

 芝を踏みしめ、腕を小気味よく振りながら走るセイウンスカイ。
 まだスタミナも十分のはずの彼女が、頬に一筋の冷や汗を垂らす。

「まさか、逃げで来るなんて思ってないじゃん…!」

 隣を走るハルウララ。
 こんな光景が有マで待っているなんて、想像すらしていなかった。

 よく走っている。
 よく、走っている。

 適性が無いと言われていた芝のコースで、少なくとも私と互角。
 いい速度で走れている。

 ああ、けれど。
 これはきっと、一瞬の煌きなのだろう。

「先頭の景色はね、そんなに甘いもんじゃないんだよ、ウララ…!!」

 恐らくはバ群に呑まれるのを嫌っての作戦なのだろう。
 だが、あまりにも短絡が過ぎる。

 まずスタート直後に迫りくる登り坂。
 ここをスタミナのロスを少なく走り抜ける必要がある。
 もちろん、後ろのウマ娘たちを突き放す速度でだ。

 それには力の入れ具合、速度の出し方、坂の上り方、そしてスタミナの消耗のコントロール。
 繊細な技術が要求される。

「逃げる技術、ちゃんと磨いて持って来てからやり直すんだねっ!!」

 セイウンスカイが、さらに加速する。
 僅かに前を走るハルウララを抜き去り、二人旅から一人旅へシフトせんと、ひた奔る。


────────────────
────────────────


「ふん…ずいぶんと面白い展開になったじゃないか」

 先行集団を行くナリタブライアンは、目の前で起こる光景にわずかに喜色を見せた。

 恐らくはセイウンスカイの一人逃げ。
 それに惑わされぬように、己のペースをキープして終盤まで先行集団に。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析