ハーメルン
ハルウララ ~有馬突破のキセキ~
最終話 ユメヲカケル

 もう、なんにもきこえない。




 こきゅうは、すってるのかはいてるのか、わからなくて。

 あしは、しっかりうごいてるのか、わからなくて。

 さげたあたまは、いまにもあがってしまいそうで。



 けれど。

 けれど。

 みんなにおしえてもらったことを、しっかりとやりきって。


 それでも。

 それでも。

 もう、限界なんだなって。



 ここがきっと、ウララの限界。

 あたまをふせて、下をむいてるから、ゴールまであとどれくらいかもわからない。

 このいっぽか、つぎのいっぽか、そのつぎか。

 わからないけど、もう足がとまっちゃいそうで。



 でも、きっともうすこし。

 もうすこしで、ゴールになるはず。


 だけど、もう、

 限界。




 がんばったよ。

 ウララ、がんばったよね。

 だから、ほめてくれるよね、トレーナー。

 ここで、あしをとめても、きっと………


 そんな、よわいウララがちょこっとむねのうちにわいてくる。



『─────────────』



 でも、そんなウララのみみに。

 なんだかとても、ききおぼえのある声がした、気がして。



 あしをとめるまえに。

 ちょっとだけ、顔をあげちゃった。



────────────────
────────────────



「いっけええええーーーー!!!!ウララ、走れぇぇええええええええええ!!!!止まるんじゃねぇーーーっ!!!」

「止まらないでウララちゃん!!!そのまま!!!いって!!!走ってぇぇーーーーーーーっ!!!」

「頭を下げて!!!息を入れて、そのまま走り抜けてくださいまし!!!ウララさーーーーん!!!」

「勝てぇぇ!!!負けるなウララぁーーーーっ!!!!走れぇーーーーーーーーーっ!!!!!」


 ゴール前の、観客席の、最前列。

 ゴールドシップが。
 スペシャルウィークが。
 メジロマックイーンが。
 ナイスネイチャが。

 泣きながら。
 喉が張り裂けそうになりながら。

 それでも、大声で。
 出せる限りの大声で。
 ウララの勝利を願い、叫ぶ。




「負けるなーっ!!大穴ウマ娘になって見せろ、ウララーーーッ!!!エデンをアタシに見せてくれーっ!!!」

 ゴールドシップが叫ぶ。
 長距離のコツを教え、その後も遊び相手や、トレーニングに付き合った、ゴールドシップが大粒の涙をこぼしながら叫ぶ。


「走ってーーーっ!!勝って、いけーーーーっ!!!ーーっ!!いけるよウララちゃーーーーん!!!!」

 スペシャルウィークが叫ぶ。
 芝のコツを教え、流星を見届けて、息抜きなどでも共に時間を過ごした、スペシャルウィークが大粒の涙をこぼしながら叫ぶ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析