ハーメルン
デリシャスパーティ♡プリキュア 大罪の勇者
04 カレーは笑顔!

よくよく考えたら、さっきの女の子に八百屋の場所を聞けばいい話だった。急いでさっきの場所に戻ると……

「パム? コメコメを知ってるパム?」

「え……しゃべった……」

何か明らかに不味い場面に出くわした。パムパムはワンワンと吠えながら回り始めるけど……誤魔化せてるのか?
女の子はパムパムを抱き上げると……

「あなた……」

「あー!パムパム!勝手に行っちゃって」

するとタイミングよくゆいとマリさんがやって来た。

「二人とも!」

「あ、なゆくんもいた」

「さっきの……」

パムパムはゆいにあることを告げると……

「ねぇ、この子みたいなキツネみたの?」

「え、あ……さっきの……ここを……」

女の子は指を指した方向を確認し、僕らはその方向へと向かうけど……

「何か八百屋の方に行ったんじゃないのか?」

「それは……貴方が最後まで聞かなかったから……」

あ、それは申し訳ない……

「そっか、悪かったな」

女の子と別れ、コメコメの捜索を続けるのであった。






コメコメを探し続けるが、ゆいのウォッチにアラームが鳴り響いた。

「カレーのレシピッピが!?」

「もう~こんなときにコメコメはどこ行っちゃったのよ」

「僕だけ先に行くか?」

「なゆくんだけで?」

「ダメよ!デリシャスフィールドを発動させないと街に被害が出るわ」

「それって、レシピッピが奪われたら出る感じか?」

「いいえ、違うわ」

それならあの変な格好の奴だけなら……

「とりあえず僕は先に行く!二人はコメコメを!」

「うん、分かった!」

「いや、だから……」

「そのウバウゾーを出させなければいいんだろ。それなら!シン!」

『分かりました!』

僕は勇者に変身をし、街の方へと向かうのであった。









あのおかしな格好の少女を探しているが、何処にいるのか検討がつかないけど……多分カレーの匂いを辿っていけば……

「見つけた!」

「貴様は!カレーの匂いに釣られてきたか」

「そんなところだ」

「ふん、プリキュアはいないみたいだが……一人でどうにか出来るわけないだろ!いでよ!ウバ……」

「おらっ!」

何かしようとした瞬間、思いきり殴りかかる。

「なっ!」

「あの化け物を出そうとしているなら……手っ取り早く妨害すればいい!」

『なゆ、それは勇者がすることですか?』

「状況が状況だからな」

僕はパンチを繰り出し続け、妨害していく。するとゆいたちもコメコメを見つけて合流してきた。

「なゆくん!お待たせ!」

「ジェントルー!」

「コメコメは無事みたいだな」

「うん!カレーの材料を買いにいってくれたみたい」

それって要するにゆいに誉められたかったから?

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析