ハーメルン
えんだーりりーず! ~リリィの秘密の日記帳~
6日目 お歌の一日!


 今日はようやく、黒騎士が復帰しました。でも、せっかく黒騎士の病気が治ったのに、みんなちょっと変な感じ(?)で黒騎士を見ていたのを覚えています。あと、ファーデンさんはおなかを抱えてゲラゲラと笑っていました。何か面白いことでもあったのかな?

 そうそう、ファーデンさんと言えば、今日はファーデンさんが楽しそうに鼻歌を歌っていました。『かわいいかわいい、愛しのミーリエル~♪』って歌です。初めて聞くメロディでとっても愉快だったので、せっかくなのでリリィも一緒に歌わせてもらいました。

 ないしょだけど、照れて恥ずかしそうにしているミーリエルがとってもかわいかったです!

 ……うん、リリィ今日もたくさん書いた! 今日はこの辺で、おしまい!


▲▽▲▽▲▽▲▽


 リリィへ。

 六日目にして早くも面倒くさくなってきたな? たくさん書いた、と言う割には今までの半分の量も無いぞ。どんなことであれ、一度始めた習慣を継続するのは難しいのはこの世の常だが、しかしもう少し頑張ってみないか? サボるにしたってもう少し体裁を繕う必要があると私には思える。

 そうだ、少しユリウスに相談してみると良い。あいつは元騎士団長なのだから、部下の訓練を継続させる方法にも熟知していることだろう。日記を書くのも剣の修練も継続と言う意味では根は同じなのだから、きっと助けになるはずだ。

 さて、しょうがないので今日ばかりは私がしっかり記述していこうと思う。

 今日は何故だかリリィが非常に上機嫌であった。あの子はいつだって明るく無邪気だが、今日は特にそれが顕著だったと思う。にこにことほほ笑みながら、らん、らん、ららん……と鼻歌を歌っており、私も──おそらくほかの連中も、ここが滅び荒廃した世界であることを、一瞬とはいえ忘れ去っていた。

 あのシーグリッドが、どさくさに紛れてシルヴァに肩を抱かれても、その足を強かに踏みつけるだけに留めていたと言えば、それがどれだけ優しい光景だったのかわかってくれると思う。

 しかし、リリィのあの歌は一体どこで覚えたものなのか。リリィ自身、自分がどこであの歌を覚えたのかはわからないらしい。なんとなく頭に浮かんだメロディをそのまま口ずさんでいる、と言っていた。


 不思議なのは、あの旋律は私達にもどこか聞き覚えがあるものだったという所だろう。シーグリッドやシルヴァはもちろん、ヘニールやウルヴまで。文字通り、全員がどこかで聞いた覚えがあるというのだ。

 先代の白巫女が歌っていたのか、はたまた何か別の理由があるのか。気になるのは事実だが、考えても答えは出そうにない。

 さて、せっかく私たちがリリィの可愛らしい歌声に心を癒していたというのに、それを邪魔するやつがいた。他でもないファーデンだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析