ハーメルン
えんだーりりーず! ~リリィの秘密の日記帳~
8日目 髪の色


 もうやだ。今日は疲れた。


▲▽▲▽▲▽▲▽


 実に、実に疲れる一日だった。本当だったらこの日記を書く気力すらないのだが、リリィがほんの一行とはいえ成したのだ。私がへこたれるわけにもいかないだろう。せっかく続いている日記を途切れさせるのも忍びないし、幸か不幸か、私には休息を必要とする体はもう無いのだから。

 今日もまた、昨日に引き続き例の分帰路周辺の探索を行っていた。この国にはお守りの欠片を始めとした魔術の品があちこちに散見されるが、他の場所に比べてこの周辺では明らかに見つかった量が少ない。

 初めてここを訪れた頃はまだ私とリリィ、シーグリッドしかいなくて満足に探索できなかったためだろう。頼りになる仲間が増えた今、探索範囲は大きく広がった。今までの例を考えるならば、この周辺に一つか二つは何かその類のものが埋もれている可能性は高く、そう言った意味では私たちの判断は間違っていなかったと思う。

 そう、この周辺を探索する──それ自体はよかったのだ。実際、予想通りにお守りの欠片を見つけることもできたのだから。

 ただ、そこで欲をかいたのがよろしくなかった。

 もっと言えば、リリィから目を離したのが私のミスだ。

 崩れかけた家の中。穢者は一掃し、安全だと思っていた。何か面白いものが見つかるかも……と、鼻歌を歌いながら家の探索を始めるリリィ。この状態で何か危険なんてあろうはずもなく、事実として、もう動かなくなった穢者の成れ果てのほかには何もなかったのだ。

 だから私たちは、家の外で警戒にあたった──リリィの付き添いをファーデンに任せて。

 家から出てきたリリィの髪は、薄汚れた茶色になっていた。元々、目覚めたばかりの頃は純白だったその髪は、穢れをため込みすぎたためにかなり変色が進んでいたが……それでも、僅かに白い部分は残っていたというのに。ほんの少し前までは確かに白かったそこでさえも、もうすっかり茶色くなってしまっていたのだ。

 結論から言えば、これは穢れによるものではなかった。リリィの表情はいつも通り……むしろにこにこと上機嫌で、私の前でくるりと回ってそれを見せつけてきたりもしていた。髪の色のことが無ければ、その愛くるしさに私は思わず頭を撫でていたことだろう。

 どうやら、リリィとファーデンは家の中で毛染めのための染料(おそらく白髪染めだろう)を見つけたらしい。ただ、この染料が凄まじく劣化していたこと、またリリィもファーデンもこの手の処理の扱いに慣れていなかったために、綺麗に染めることが叶わなかったというだけだ。

 思えば私も、少し気にかけるべきだったのかもしれない。まだ子供とはいえ、リリィは立派なレディだ。みすぼらしく中途半端に変色した……それも穢れに染まった髪を気にしないわけがない。

 元の純白は難しかろうとも、せめてブラウンとか亜麻色とか……何か一色で均一に染めてあげたほうが可愛いに決まっている。見かけだけでも普通の女の子と同じようにしてあげるべきだった。それくらいの心の支えくらいは、許されるべき──私たちの方から気づいてあげるべきだった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析