ハーメルン
ベル・クラネルの治癒魔法の使い方は間違っているだろうか?
黄昏の館に来たのは間違っているだろうか?

「ところで………」
「はい」
「昨日言ってたあれは実体験か?」

 恐らくは弱いままなら罵倒して見下して殴って蹴って岩投げて踏み潰して投げ飛ばす辺だろう。

「はい、実体験です」

 ベルは顔を青くしながら答えた。

「……………そうか」
「取り入れますか?」
「………彼奴等は雑魚だが屑じゃねえ。反感だけ抱くくせにケツ蹴られなきゃ何もしねえ、走りもしねえなんてことはねえよ」

 てめえはどうだったんだぁ? と聞いてくるベート。

「確かに、僕は7歳の頃はサボるなって怒られてたなあ。半日も走り続けるなんてあの頃には無理だったし」
「それは普通にお前の師匠がおかしいな」
「でも、おかげで強くなれました。僕、物心ついた頃から両親がいなくって、ちょっとだけお母さんってこんな感じかなって……」
「普通、母親は子供に岩を投げねえよ」

 照れくさいというように頬をかくベルだが7歳からかは知らんがやらされたことを考えると親子の絆を夢想するのは間違っていると断言できる。
 しかし恐ろしいし苦手な部分もあるが慕っていたベルは食って掛かる。

「そ、そんな事ありませんよ! 探せば子供をモンスターの巣が山程ある森に放り込んだり岩を括り付けて嵐の海に投げ込む母親だっているかも!」
「居てたまるか、んな母親!」

 それは母親とは言わない。悪魔とか魔王とか、そんなちゃちなもんじゃねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わった気分だ。

「まあそんな生活すりゃお前の強さも納得だ。納得…………まあ納得してやる。ようは恩恵刻む以前から規格外ってことだ。よく死ななかったな」
「師匠の治癒魔法は千切れかけた腕もくっつけられるらしいですし」

 らしい、なら………少なくともこいつは千切れてないのか? 気絶してる間に四肢を別人のと取り替えられて無かったことにされたんじゃないだろうな、とベルの過去が心配になるベート。と………

「ここに居たか。ラウルが慌てていたぞ………まあ、アイズの失言のせいらしいな。済まなかった」
「よく見ろベル、これが母親だ」
「………お母さん?」
「…………………」

 普段から母親扱いされることはあれど眼の前の青年からそう言われるのは初めてだ。母親ではないというのに何だそのこれが常識だ、みたいな言い方は。少年もキラキラした目で見てくるな。悪意がないから怒れない。
 と、声をかけたエルフ、リヴェリアは困ったように唸る。

「こいつの母親像がおかしいんだよ。皆にママママ言われてるババアが教えてやれ」
「おかしい?」
「モンスターの住処や嵐の海に投げ込まれんのが普通だと思ってやがる」
「…………苦労しているな」
「く、苦労はして来ましたけど結果に繋がって………!」
「それこそ結果論だろう。まさか結果に繋がったからよし、などとしているわけではないだろうな?」
「? いえ、毎回終わった後まず殴りに行きますよ。まあ殴り返されるんですけどね……」

 ベートと渡り合ったベルを殴り返せる師匠。Lv.5、或いは6級。もしくは7年前のような『最強』の生き残り。
 そうなると彼はかの『大神』か『女神』の系譜………いや、流石に考えすぎか。

「ベートはどうせ謝らんだろうからと呼んでなかったが、確執はなくなったらしい。同行するか?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析