ハーメルン
ベル・クラネルの治癒魔法の使い方は間違っているだろうか?
謝罪に行くのは間違っているだろうか?

「あ、ちょうど良かった。ロキ様〜!」
「ん? おお、アーディたん! それにアミッドもおるやん!」

 【ロキ・ファミリア】の本拠(ホーム)、『黄昏の館』。壊れた壁の修理を監督していた女神はアーディ達に気づき笑顔で駆け寄ってきた。

「そっちの二人は………げ、ヘスティア!」
「や、やあ………ロキ」
「あん?」

 ヘスティアの姿を見てデュワ! という声が何故か聞こえそうな臨戦態勢に入ったロキだったが、ヘスティアの様子がおかしい。

「どないした? 落ち込んどる自分、正直不気味やで」
「いや、その………」
「んで、そっちの子は? なかなか可愛い顔しとるやん!」

 と、ベルに目をつけるロキ。そのベルも、なんだか申し訳無さそうな顔をしている。

「あ、あの……! ごめんなさい!」
「…………ん?」
「門番を殴り飛ばしたの、僕なんです!」
「……………」

 その門番がお気に入りだったり、ベルの態度が不遜ならキレていたろう。だが幸いなことに門番は新入りで、ベルの態度も本当に申し訳なく思っていそうでというか本当に門番殴り飛ばしたの? 嘘じゃないとはわかるけどあの子Lv.3やで、などと冷静になるロキ。

「ボクの眷属になる前とはいえ、ベル君はもうボクの眷属なんだ。ボクからも謝罪するよ」
「私からもどうか………怪我をしたその団員の方も治療いたしますので」
「あ〜、それがまあ壁にはめり込んどったけど不思議なことに傷一つないんや。治療は必要ないで……んで、少年………えっと」
「あ、ベルです。ベル・クラネル」
「ベルっちは何でうちの子殴ったん?」

 それも壁にめり込むほどに。
 それだけの力を込めて、新入りとはいえ眷属を殴ったのだ。納得の行く理由でなければ謝罪は受け入れられない。

「その、実は所属するファミリアを探していたんです………」
「それでウチに一度来たと?」
「その時に、帰れ帰れって言われて槍も向けられて………あっちこっちで暴言は言われたんですけど、武器まで向けられて我慢できず………」

 嘘は、ない。つまり、まあ……発端はこちら。はぁ、とため息を吐き頭をガシガシかく。ベルは叱られると思ったのかビクリと身を震わせる。

「そういう事情があったんなら、まあええわ。たく、自分殴り飛ばすような奴の実力見極めず追い返そうとしたとか………気にせんでええよ。今回はこっちが悪い………ちょいと待ってろ」

 と、ロキは門をくぐり館の中に消えた。しばらくして、一人の男を引き連れて戻ってきた。

「ベルっち、殴り飛ばしたんこいつでええ?」
「っ! てめぇは!」

 ロキが連れてきた獣人の男性はベルを見た瞬間、すぐに怒りをあらわにする。殴りかからなかったのは殴り飛ばされた記憶があるからだろう。

「ロキ様! こいつです、こいつが俺達【ロキ・ファミリア】に喧嘩を売ったやろうですよ!」
「ああはいはい。せやけど自分、この子追い返そうとしたそうやん? ウチになんの相談もなく」
「へ? あ、いや……そ、それは………」
「フィン達が遠征でいない今、入団希望者は全員ウチに通せ言うたよな? 門番任せる時言うたぞ。それを槍向けて追い返そうとしたそうやな」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析