ハーメルン
ベル・クラネルの治癒魔法の使い方は間違っているだろうか?
酒場で怒るのは間違っているだろうか?

 フェルを乗せダンジョンに向かって駆けていくベル。フェルの背に乗ったアーディがゴーゴー、と元気に応援する。
 体高2メートルの巨大な狼を背負った兎のような少年が疾駆する姿に、疎らな人影はギョッと全員二度見、三度見する。

「ところで今更だけど、なんでフェルちゃんを乗せてるの?」
「修行になりますから! まあ、最近は軽くて鍛えがいないですけど、何かを担いで走る感を鈍らせなくてすみます」
「う〜ん………そっか、良く解んないや」

 と、大通りを通り『豊穣の女主人』の前を通ろうとして、ベルが足を止める。

「どうしたの、ベル君」
「わふう?」
「今、なにか………ん〜?」

 キョロキョロ周囲を見回し首を傾げるベル。バベルの上を見て、また周りを見る。

「誰かに見られていたような」
「それはそうだよ。さっきから目立ってるもん」
「そうですね。きっと、オラリオ都市伝説に刻まれます」
「あ、シルさん」

 と、そんなベル達に話しかけてきたのは『豊穣の女主人』の店員の一人、シル・フローヴァだ。リューの親友の一人らしい。

「おはようシル。今日もかわいいね」
「はい、おはようアーディ。リューみたいに私に抱きつかないの?」
「う〜ん。シルはなんか、踏み込みづらいというか………なにか私に隠し事してるでしょ?」
「それはアーディも同じでしょ?」
「う〜ん。私のはガネーシャ様達から口止めされてるからなあ」

 つまり隠し事はあるらしい。隠していることを隠さないあたり、ちゃんと仲がいいようだ。

「そういえば、お二人共今夜のご飯はどうするの?」
「私はまたベルと食べようと思ってるよ」
「神様がバイトの打ち上げなので、僕もアーディさんとお食事を。良ければまたここで食べさせてもらってもいいですか?」
「酒場なんですから、食べに来るのを断る理由なんてありませんよ。それに、今日は団体様が入るんですけど知り合いがいれば私もリューも少しだけ休めますし、ね?」

 パチリとウインクしていたずらっぽく微笑むシル。とても可愛いが、ネア姉さんと似た気配を感じる。つまり己の可愛い見せ方を熟知している。
 悪意は感じないけど、うまいように乗せられそうだな、と苦笑した。




「あ、見て見てベル君。ベル君!」
「アルミラージですよ!」

 中層にて石斧を持って群れで行動し、知恵を持って翻弄してくるアルミラージ。ウサギ型のモンスターで毛並みは白く目は赤い。

「ガウ!」

 ウサギといえば狼の餌。本来群れで行動し狩りをする狼とはいえ群れを失った期間の長いフェルは爪で裂き牙で貫く。尾で弾いた個体をベルが受け止め残りのアルミラージに投げつける。

「ベル君! 右方向、砲撃くるよ!」

 と、3匹黒い犬の姿をしたモンスターが口の中に炎をためているのが見えた。ベルは即座に緑の魔力の塊を生み出し()()()()()()()()()

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析