ハーメルン
レッドキャップ:ヴィランにTS転生した話
ファースト・エンカウント part3

ピーターの手当てを直した後、私達は2限目の授業から受けた。

フラッシュは……私の方をチラチラと見て話しかけたそうにしていた。

だが、まるで猛犬のように威嚇するグウェンに阻まれ、結局話す事はなかった。


授業が終わって放課後。

ピーターがネッドと合流して、ネッドがピーターの傷に驚いて、グウェンが先に帰って。


「じゃあさ、今日の映画は中止する?」


そう、ネッドが言った。


「いや?別に傷があるだけで、映画を見るのに支障はないと思うけど」


ピーターが言った。


そんな二人を私は側で見ていた。


「……あの、ミシェル?」

「なに?」

「何で僕の後を追いかけてるの?グウェンに付いて行かなくて良かったの?」


ピーターがそう言うのも無理はない。
今日一日、ピーターの側にべっとりくっ付いてるからだ。


「……ダメだった?」

「いや、ダメじゃないけど……何か用事でもあるの?」

「ないけど」


昨日、ピーターをボロボロにしてしまった罪悪感から、私はピーターの助けになりたい……という、欲求に駆られているのだ。

だが、困った事にピーターは傷塗れのボロボロでも、何でもかんでも一人でやってしまうし……。

そうして、気付いたら放課後になっていたのだ。


「ネッド」

「ん?何?」

「私も、映画見たい」


このままピーターのストーカーとして生きていく……。
あまりにも緩い決意と共に、私は彼らの遊びに同行の意思を示した。


「え?でも、見る映画ってヒーロー映画だよ?」

「大丈夫、私もヒーロー映画、好きだから」


と言うか、ヒーロー自体が好きなんだけど。
スパイダーマンとか、アイアンマンとか、スパイダーマンとか、キャプテンアメリカとか、スパイダーマンとか、スパイダーマンとか、スパイダーマンとか。

……あぁ、いや、彼等はこの世界で実在するから創作のヒーロー映画が好きってよりも、有名人のおっかけみたいな扱いになるのか?私は。

私のヒーロー好き発言を聞いたネッドは大袈裟に驚いた。


「そうなの!?」

「そうだけど……何で驚いてるの?」

「いや、てっきり……何というか……こう、読書が趣味っぽいと言うか……ピーターもそう思うよな?」

「ネッド、それはミシェルに対する偏見……でも、実際に読書は好きなんだよね?ミシェル」

「好き。歴史書も、文学も、コミックも」

「「コミックとか読むの?」」


む。
何故か二人とも驚いている。


「じゃあ……スーパーマンとか?」

「バットマンが好き。お気に入りの作品はウォッチメン」

「えぇ……?」


あぁ、この世界にMARVELのコミックはないが、DCコミックは存在している。

私はMARVELが好きだけど……DCも好きだ。
一番好きなヒーローはスパイダーマンだけど。


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析