ハーメルン
レッドキャップ:ヴィランにTS転生した話
シニスター・シックス part4

自己紹介の後、デアデビル(マット)が仲間に連絡を入れた。

夕方に集合予定として、それまでに一度解散となった。
僕はスーツが破れていたり、私服がジェシカの夫……ルークさん?のシャツを借りているのもあって、一度自宅に戻る事になった。

今日は「病気で休みます」と高校に連絡を入れてるのもあってクラスメイトや、学校の関係者に見つからないように気をつけつつ、何とか自宅に帰る事が出来た。

着ていた大きなシャツとズボンを紙袋に入れて、いつもの私服……チェック柄のシャツにチノパンを着る。
……グウェンに「もう少しお洒落に気をつけろ」と愚痴愚痴言われてる服だ。

ウェブシューターに(ウェブ)の原液を補充する。
カートリッジ式だから入れ替えるだけで良い。
この(ウェブ)の原材料は市販の薬剤を組み合わせて作っている。
空気に触れる事で固まって、粘着性の高い糸に変化する優れ物だ。


あとはバックパックにスーツを入れて準備はOKだ。

そしてまた、クイーンズの自宅からヘルズキッチンにあるマットの自宅まで移動する。
空を見れば太陽は沈みかけていた。

クイーンズとヘルズキッチンは近いけど……僕は少し急いだ。



何とか予定していた時間に到着し、マットの家のチャイムを押した。
流石にジェシカみたいにノックする勇気はなかった。

暫くすると、ドアが開いて……。


2メートル弱の黒人の男性が現れた。
かなり厳つい顔をしており、スキンヘッドだ。


「何の用だ、坊主」

「わっ……」


一瞬、腰が引けそうになるけど……よく見ると、見覚えのある黄色のシャツを着ている。


「えっと、ジェシカさんの旦那さんの……ルークさんですか?」


男は眉をピクリと動かした。


「そうだ。俺がルーク・ケイジだ……なら、坊主は誰だ?」


ルークが右手を顎に当てて、試すような物言いをした。


「僕は……スパイダーマンです。お世話になります、ルークさん」


そう言うと……ルークは微かに笑った。


「……なるほど。礼儀を弁えてる奴は好きだ……入ってくれ。もう全員集まっている」


ルークがドアを開き切って、僕はマットの家に招き入れた。

そこにはマット、ジェシカ……厳つい顔をして仕立ての良さそうな服を着ている男……そして、黒に白いドクロが書かれたシャツを着ている、厳つい男が居た。


……厳つい男が多すぎる気がする。
言われなかったら悪人集団だと思いかねない。


マットが僕が到着したのを感じ取って、口を開いた。


「これで全員集まった……スパイダーマン、僕を含めて、彼等はこのヘルズキッチンを守っている『ディフェンダーズ』と言うチームだ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析