ハーメルン
レッドキャップ:ヴィランにTS転生した話
ピーター・パーカー part2

「ピーター・パーカー……」


私はその名前を反芻した。
目の前にいる青年を注視する。
髪は茶髪で短髪。
目鼻は整ってるけど……少し子供っぽい。
身長もそれほど高くないから、若く見える。


「えっと、僕の事を知ってるの?」


そう聞かれて私は息がつまった。

ピーター・パーカーは一般人だ。
初対面の人間、親戚でもなく本当に関わりにない人間が知っているのは異常だ。

怪しまれないように、言い訳を考える。


「いや、知り合いと似た名前だったから驚いただけ」

「知り合い?」

「そう」


嘘だ。
そんな名前の知り合いは居ない。

好きなコミックの主人公と同名ってだけだ。


「あ、バイトだから、僕もう行くね」

「……うん。呼び止めて、ごめん」

「いやいや、全然良いよ!」


そうやってにこやかな笑顔で、ピーターは手を振り店を出て行った。

店主さんはニヤニヤとした顔で私を見ていた。
なんだ?私の顔に何かついているのか?



クリームがついてた。

恥ずかしい。




◇◆◇




飯を食べた私はそのままフラフラとクイーンズを歩き回った。

やっぱり、知らない街を歩くのは楽しい。
新鮮で、まるで知らない世界に来たような…………私が悪役(ヴィラン)だと言う事を忘れさせてくれる。

小さなマーケットで、雑誌を手に取る。
寝ぼけたアジア系のオバちゃん店員に金を払い、店を出る。

公園のベンチに座り、雑誌を広げる。
表紙に写っているのはブラックウィドウ……ナターシャだ。

この世界でもアベンジャーズは存在していて、街の……と言うか世界の平和の為に戦っている。

宇宙人とか、殺人ロボットとか、色々だ。

ブラックウィドウはアベンジャーズのメンバーで、黒い衣装に身を包んだ女スパイだ。

そして。

私とよく似た経歴を持つ女だ。

彼女は旧ソ連のKGB、国家保安委員会の一つ『レッドルーム』の『ブラックウィドウ・プログラム』によって育成された最強のスパイだ。

私はイギリスの元特務部隊『アンシリーコート』の『レッドキャップ・プログラム』によって作り上げられたエージェント。

ただ、明確に違う事があるとすれば。

彼女は自分の意思で組織と戦い、決別した。
それに比べて私は自分の意思なんてなく、組織に従順で、未だに誰かを殺して、不幸を撒き散らして生きている。


スーパーパワーを持っていれば、ヒーローって訳じゃない。
強い意志を持って正義を成す心を持つ者がヒーローだ。

誰かが言ってた。

……私はヒーローになれなさそうだ。


ペラペラと雑誌を読んでると、目の前を男が横切った。
白人の男性と、黒人の男性、二人がランニングをしている。


……いや、少し速いな。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析