ハーメルン
レッドキャップ:ヴィランにTS転生した話
フレンドリー・ネイバーフッド part1

データをティンカラーへ提供し終わった私は、クイーンズ内の自宅とは別にある拠点へ帰って来た。

ただ、着ているスーツは前のボロいスーツだ。

測定データを渡した所で、そんな数時間でスーツのフィッティングは出来ないらしい。
そりゃそうか。

結局、新しいスーツは一週間後に渡される事となった。

……正直、ティンカラーとはそんなに会いたいと思っていないが。
鬱陶しいし。
どうにか手渡しにならず、受け取る方法はないか。
置き配で頼む。

下らない事を考えながら、スーツを脱ぎアタッシュケースに詰める。

……プロテクターが傷によって変形していて、上手く入らない。

私は舌打ちをしながら無理矢理詰め込み、部屋の隅に押し込んだ。


ここはクイーンズの自宅から5キロメートルほど離れた場所にある、スーツの保管や、任務の指示書が送付される別拠点だ。

前回、ヘルズキッチンで拠点を爆破された事を反省し、任務に使用する拠点と、生活用の拠点に切り分けられたのだ。

ここの拠点の地下から直接、ニューヨーク内の広大な地下通路に繋がっており、様々な路地裏、空き地、施設……珍しい所だと商業施設のトイレとかに繋がっている。

私は血清によって強化された超人的な記憶力によって、様々な入り口からこの拠点に来る事が出来る。

ちなみに、この拠点はビジネスビルの地下にある。
地上に繋がる階段はないし、地下通路以外からこの拠点へ来る事はできない。
拠点と地下通路を繋ぐ扉には生体認証が設定されており、私以外誰も入る事は出来ない。

……組織としても、前回の拠点爆破襲撃事件は重く受け止めているようで、このような至れり尽くせりと言った高セキュリティルームが私に貸し与えられる事となったのだ。

あぁ、拠点の上にあるビジネスビルは雇い主、ウィルソン・フィスクの管理するビルだ。
フィスクがそのビジネスビルに来る事はないが、ビルを貸し与えられている企業はフィスクの手下だ。

言うなら、私と同僚という訳だ。
別に暗殺者とかエージェントって訳ではないが。

拠点を後にし、自宅付近の偽装されたマンホールから地上に出る。

空を見てみれば、暗くなっていた。
街灯が灯りで照らしている。

晩御飯も食べていないので、たまたま近くにあった中華屋でテイクアウトする。

汁なしのヌードルを注文して、白い厚紙でできた箱に入れてもらう。
前世の海外ドラマとかでよく見た、あの白い箱だ。

後はデザート用にプラスチックの容器に入った杏仁豆腐を……二つ、買った。
一つでは満足できない気がしていたからだ。

……いや、私の体は超人だ。
新陳代謝も凄い。
カロリー消費も物凄い。

沢山食べても太らない。
だから食べたい物は、食べたい量食べる。

ビニール袋に白い厚紙で出来た箱と、杏仁豆腐の入ったカップを二つ持ち歩く。

その頃には空もすっかり暗くなっていた。
……クイーンズは決して治安が良いとは言えない。
いや、ヘルズキッチンよりは遥かにマシだが。
私は早足で自宅へと歩き始めた。

そして。



「なぁ、嬢ちゃん。こんな暗い所で一人歩いてたら危ないぜ?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析