ハーメルン
血しぶきハンター
第1話 ゴミ捨て場の夜明け




 ーーーーー。

 そこには、蒼く澄み渡る空が果てまで美しく広がっていた。

 貴方が何度目を擦りそれを見直そうと、その光景に変化はない。
 昼の太陽など、この目で見るのは何年ぶりだろうか……。50年?80年?……いや、もしかすると数百年以上前だったかもしれない。
 いま己が立つこの場所は何処なのか、何故このような状況になったのか、古きヤーナムの地や狩人の夢に置いてきた人形はどうなったのか…。
 貴方が考えるべき事は数多くある筈だが、しかし今はただ、目の前に広がる景色に呆然と見惚れ立ち尽くすことしかできなかった。



 ◆ ◆ ◆



 それはまさしく、永遠に終わらない悪夢であった。
 暗澹たる空に浮かぶ巨大な月。街中に蔓延る穢れた獣と漂う腐臭。上位者を崇める狂信者たちの冒涜的な儀式。

 そんな血と狂気に塗れた長い長い獣狩りの夜を、あなたは気が遠くなるほど何度も繰り返していた。
 獣と堕ちた救われぬ病み人たちを次々と葬り、赤い月の秘匿を破って、赤子の泣き声を止めたその先。介錯に身を任せ夜明けを迎えようと、偉大な先人を討ち遺志を継ごうとも、気付けばまた暗い診療所の寝台で目を覚まし、再び同じ道を辿る。
 何度も、何度も、何度でも。

 狂気と獣性と啓蒙ばかりが得られるその繰り返しの果てに、ついに貴方は悪夢の元凶たる月の魔物を討ち破ったのだ。
 そうして青ざめた血を手に入れ、ヤーナムを真の夜明けへと導いた貴方は、その身を上位者の赤子へと成した。
 最後に見た景色は朧げで霞んでいる。たしか狩人の夢の中、のような身体を人形に抱かれて見上げた、明るい月であったか…。

 そうして気づいた時には、知らない青空が広がっていたのだ。



 ◆ ◆ ◆



「おい!何だテメェは。そこで何してやがる! …聞こえてんのか!」

 しばらく空を眺めていた貴方であったが、そんな粗暴な怒鳴り声によってはたと我に返った。
 見れば、薄汚れた貧そうな男がこちらに向かって怒気を発している。煤けた髪にボロ切れのような衣服の汚い小男だ。
 上にばかり目をやっていて気づかなかったが、周りを見るにどうやらここは貧民街のような場所らしい。地肌が見えないほどにゴミに溢れ、空気も澱んでいる。かろうじて家の形を保っているようなボロボロの掘建て小屋がちらほらと乱立し、歩く人は皆いかにも不健康そうだ。

「シカトこいてんじゃねぇぞ!そこは俺の家だ、何しにここへきた…!」

 すまないと男に謝罪した貴方は、自分に敵意がないことを伝えた。後ろをチラと見やれば、これまたおんぼろの家屋がすぐそこに建っている。入り口を塞いでしまっていたらしい。
 男はこちらの言葉をまるで信じず、貴方が空き巣を狙っていたのだろうと思い込んで語気を荒げて怒鳴っている。周りの住人もどうしたことかと近くに集まり始めた。刃物など武器を持つ者もいる。

 これはまずいと思った貴方は、ひとまず男を宥め、かつこの場所の事を聞くために、対価を差し出せばいいかと考えた。碌な物品を所持していない貴方であったが、見るからに貧しい身分の男相手ならば、あまり使い道がなく溜め込むばかりだった『輝く金貨』が有用であると思い至る。
 怒る男を宥めつつ近付いた貴方は数枚の金貨を差し出し、情報を買いたいだけと男に伝えれば、彼は目を見開き、遅れて金貨をサッとぶん取った。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析