ハーメルン
血しぶきハンター
第4話 天空探検隊


「どわあああああ!! 何だ!? 何が起きた!?」
「臭ェ!? 汚ねェ!!」

 遥か上空から飛び降りてきた老人は、見事貴方の投げ付けた魚の骸を盛大に踏み潰した。
 老人が履く高下駄によって爆発四散した死骸は辺りへ勢いよく血と肉片を撒き散らし、周囲にいた者たちを赤い斑点模様へ染め上げている。
 憐れな被害者たちは慮外の事態に状況も分からず阿鼻叫喚である。

「…………………………。」

 その足で魚を爆散させた老人は下手人の動きが見えていたのか、無言で半開きの物言いたげな目を貴方へと向けている。
 高い下駄と大きな衝撃のおかげか、本人は下駄以外に血はついていないようだ。
 うーむ、見事な着地である。あの忌々しい魚の胴体ど真ん中を貫く、素晴らしい一撃であった。

「………ちょっとおおぉぉぉ!!?? テメェッ何つーマネしくさりやがってんだゴラ!! この方が誰だか分かってんのかボケッ殺すぞ!? お!? あ!?」

 貴方が自分の成した完璧な投擲に満足していた時、あまりの出来事に呆然としていたメンチが突如貴方へ凄まじい剣幕で掴みかかり怒鳴りつけてきた。
 よく見ると彼女の身体にも赤い飛沫がそこら中に染み付いているし、特徴的な髪の編み込みには小骨らしき物体も突き刺さっている。
 貴方は自分には血が飛ばなかった事を少し残念に思う。魚は嫌いだが血は平等に好きなのだ。

 怒り散らし続けるメンチを他所に甚だ勝手な感想を抱いた貴方は、何故血を浴びせてやったのに怒られればならないのかと理不尽な思いをする。
 貴方が試験会場の案内人と共に獣を狩った時も、盛大に獣の血をぶち撒けては案内人にキレられた記憶が蘇った。

 メンチの罵声を聞き流す中で分かったが、あの老人は審査委員会のネテロ会長という人物で、ハンター試験の最高責任者であるようだ。
 なんということだ! これで試験失格にされては堪らないと、貴方はネテロへ軽く謝罪した。つい出来心で…。メンチの激憤は更に勢いを増した。

「うーむ、出来心とな……。——ウォッホン!! ひとまず、メンチくん。お主が行った試験の審査結果について確認したい。」

 コイツ、メチャクチャしおるわい…。そんな本音が溢れそうになりつつもネテロはメンチへ呼びかけた。
 漸く大人しくなったメンチは、寸前までとは別人のような緊張ぶりで受け答えをしている。いかにも真面目な顔をしているが、肉片が塗されているせいでどこか締まらないなと貴方は笑った。
 どうやら貴方は失格にはされずに済むらしい。全く腹立たしい魚め、とんだ傍迷惑だ。

「会長、私たちをあの山まで連れていってくれませんか。」

 ネテロの審問の結果、メンチの二次試験はもう一度別の内容で仕切り直す事になった。
 次はここから遠くに見えるマフタツ山まで飛行船で移動するらしい。

 飛行船! 貴方は大いに期待を膨らませた。
 話に聞いた事はあったが乗るのは初めてだ。何故あのように頓馬な姿形で宙を飛べるのか。
 これは探索が楽しみである。

「ちょっとあんた!! 次に妙な真似をしたらマジでブッコロス!」

 貴方はメンチに釘を刺されてしまった。試験官には逆らえぬ。口惜しいがここは大人しくするしかあるまい。


 ◆



[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析