ハーメルン
お前は天に立て、私は頂をこの手に掴む
第12話 霊術院ってどんなところ?

 どうも。
 一年二組――特進クラスに落ちた女――湯川(ゆかわ)藍俚(あいり)です。

 始業式も終わり、本格的に授業が開始してからおよそ一ヶ月が過ぎました。

 霊術院の授業というのは、高校と大学の合いの子みたいなシステムでした。
 必須カリキュラムがある程度は決めれていて、その他は自由選択。当人が好きな授業を選択して学ぶことが出来る、といった感じです。
 斬術に不安があれば、斬術を多めに特訓すればいい。鬼道を伸ばしたいので、さらに鬼道の講義を取ってもいい。個人個人の適正や好みもあるので、そういった部分は自由です。
 ただまあ、斬拳走鬼の全てを最低限は学ぶ必要はありますが。他は捨ててどれか一本伸ばしでも何とかならなくはない、みたいです。
 ……走を疎かにした死神が戦いで活躍できるかは知りませんが。

 あ、ちなみにこの自由選択は本当に自由です。
 先週は斬術を取ったので、今週は鬼道を学んじゃおう――みたいなことをしても、咎められません。
 最悪サボってもOKです。自由選択どころか、必須選択ですらも。こんな授業形式だからか出席は重要視されていないんですよね。

 その代わり、といっては何ですが。
 全員で連携して一体の強力な(ホロウ)を倒そう。みたいな連携訓練は特に行われないみたいです。この辺は死神としての矜持なのでしょうか?
 一対一に拘りがちな部分があります。

 そして、意外に思うかもしれませんが、筆記試験が殆ど行われません。
 霊術院の試験は、実技が全てです。
 なにしろ授業で習うのは死神の実務に通じる事柄ばかり。なので、各人の実技を見れば知識が身についているかも一目瞭然、自然にわかる。とのこと。
 どれだけ知識があってもその知識を実際に活かすことが出来なければ何の意味も無い。とのこと。

 最初にペーパーテストがないと聞いたときの私の驚きっぷりと、周囲の"何言ってるの? 当然でしょう"という反応の落差がちょっとだけ辛かったです。



 それはそれとして。



 現在は、必須授業の真っ最中です。
 ただ必須授業の中には、色々とぶっ飛んだのもあるわけでして……

「そこかっ!」

 同級生の攻撃を、私は目を瞑ったまま(・・・・・・・)回避します。
 如何に木刀の一撃とはいえ、当たれば痛いですからね。声を上げて位置を自分から知らせてくれたのもありがたいです。

「ふっ!」
「うわっ!?」

 回避のすれ違いざま、相手の木刀を上段からの一撃で叩き落とします。予想外の一撃を受けて、彼はあっと言う間に木刀を取り落としました。これが実戦ならば致命的な隙ですね。

「そこまでっ!」

 教師の言葉が聞こえ、同時に明かりが消えて暗闇が戻ってきたのが感覚で分かります。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析