ハーメルン
お前は天に立て、私は頂をこの手に掴む
第13話 働けど働けど我が暮らし……

「ふむふむ……」

 院生寮内の自室にて、瀞霊廷通信の最新号に目を走らせています。
 瀞霊廷通信とは九番隊が発行している公報誌やら官報みたいなものです。瀞霊廷全土で出回るのは当然として、時には流魂街にも一部出回っています。
 私も流魂街にいた頃に目を通したことはありました。

 ですが、私のお目当ては記事でありません。

「特に見知った名前は無し、か……」

 瀞霊廷通信には年に二回、護廷十三隊在籍者名簿が付属してきます。これには各隊ごとに席順で、無席の隊士は五十音順で氏名が列記してあるというもので。
 とはいえまだ院生の身ではそれほど意味がないのですが、今の私には有り難い情報なわけです。

 すなわち、知っている名前があるかどうかを調べるのに。

 いえ、師匠が教えてくれた護廷十三隊の各隊長たちの名前を疑っているワケではありませんが、アレも結構昔のことですし。毎年師匠に「隊長の名前を教えてください」と尋ねるのも不自然ですし。
 なので、最新の情報が欲しかったわけで。その意味ではこの瀞霊廷通信はとても有用でした。定期的に名前の確認が出来ますからね。

 残念なことに、知っている名前は――師匠に聞いた以外には――無かったわけですが。

「確か、京楽・浮竹隊長なんて結構ベテランみたいに描かれていたはずよね? でも名前が一般隊士の欄にも無いって……どれだけ昔なのよ……」

 ひょっとして原作開始前に寿命が来て死んじゃう、なんてことはないですよね!?
 そんなの困る!! 織姫が! 乱菊が! ハリベルが! バンビエッタが! まだ山を見てすらいないのに!!

 気晴らしと現実逃避を兼ねて、瀞霊廷通信に目を通します。

 ……

 …………

 ………………つまんない。

 予定表を読んでいるような気分になって、思わず放り捨てました。そのまま畳の上に寝転がります。

「出来事と予定を列挙しただけ! って感じなのよね。もっと楽しい雑誌みたいな記事も載せてくれれば良いのに」

 以前、流魂街時代に目にしたそれと変わらない内容に辟易します。
 見たことがありませんが、江戸自体の瓦版とかってこんな感じなのでしょうか? それとも、死神の発行物なのですからこういったお堅い読み物なんでしょうかね?

 それに予定表として考えれば、すこぶる優秀ではあります。何が起きたとかが物凄く簡潔に書かれているので、面白くはありませんが読みやすくはあります。
 最低限の要求と義務感目一杯って感じなので、面白くはないですけれど。
 ゴシップ記事や捏造記事がさも"事実です"と書いてあったり、個人的な意見をさも"全体の意志です"と書かれるよりかはマトモなのかもしれません。

「……あ、いけない!」

 予定表で思い出し、慌てて起き上がります。

「今日は図書館の仕事の日だった!」



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



 霊術院には夏休み・冬休み・春休みがあります。
 意外でした。
 もっとこう"死神になるためには月月火水木金金! 休みなどないと知れ!"みたいに厳しいものだと思っていましたが、案外現代社会の教育に近い所があるんですね。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析