ハーメルン
……作るわよ、マンダで
……作るわよ、マンダで

「とても美味しいです、大蛇丸様」
「そう。それはよかったわ」
 今より、私が君の上司となり兄弟となり親となる。私がダンゾウから君を守る。
 十年前、絶望の淵に佇む僕に、そう声をかけてくださった大蛇丸様。もし彼女が生きていたら、今の僕らを見てなんて言うだろう。大蛇丸様に貴女の影を見た僕に。未だに、貴女のメガネを捨てられない僕に。もし彼女が、僕がカブトだと…………あのとき、もし…………。
 はっと弾かれたように空を見上げた。どうしてか、月がサスケくんの写輪眼のように赤く染まり、僕を見下ろしている気がしたから。
 あるのは、澄み渡る青さと、眩しい太陽だけだった。

[9]前 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:6/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析