ハーメルン
おかえりを言いたかった
ガミラス戦役

 西暦2249年12月 地球人類初の異星人との戦争が終結して50年の節目の年、あるドキュメンタリー映画が製作された。

 この番組では、映画公開に先立ち、映画の製作の動機と、映画内で紹介される戦死した将兵の情報の一部を独占放送いたします。

 映画の題名は、おかえりを言いたかった

 監督は名無乃助氏

 戦争当時の戦死した国連宇宙海軍将兵の家族に焦点を当て、ガミラス戦役、ガトランティス戦役などの2249年までに起きた幾つかの戦役を戦役毎に章として区切り製作されたドキュメンタリー映画である。

 以下、対象とされた戦死将兵の氏名、年齢、階級、戦死時の詳細と、なぜ対象となったのかを紹介したいと思います。
 ーー

 氏名 村中・早苗(24)三等宙尉

 国連宇宙海軍

 極東管区連合艦隊

 乗艦 駆逐艦ツバキ 船務長

 ガミラスとの初接触時に戦死

 詳細
 ガミラスとの初接触時に巡洋艦ムラサメの僚艦として護衛任務についた駆逐艦ツバキの船務長だった。

 ムラサメが撃沈された直後に乗艦も攻撃を受け轟沈、戦死

 取材対象は兄である村中・光一氏 医師

ーー

 氏名 クリス・k・ランバート(51)少将

 国連宇宙海軍

 欧州管区連合艦隊 海王星方面防衛隊

 乗艦 戦艦クイーン・エリザベス 艦隊司令

 海王星でのガミラス艦隊との遭遇戦にて戦死

 詳細
 海王星軌道のスペースコロニーや衛星から疎開中の開拓団などの民間人の船団護衛任務についていた際にガミラス艦隊と遭遇、戦闘となり、船団の盾となる形で艦隊は全滅、乗艦は船団へ攻撃しようとした敵巡洋艦に体当たりし轟沈、戦死 船団は追撃を受けたが、半数が離脱に成功した。

 取材対象 当時11歳だった息子のライアン・K・ランバート氏 現地球連邦防衛宇宙軍中将
ーー

 氏名 レイモンド・レスター(48) 少佐

 国連宇宙海軍 

 北米管区第三艦隊 

 乗艦 駆逐艦ドレイク 艦長

 第一次火星沖海戦にて戦死

 詳細
 友軍艦隊の撤退支援に志願、駆逐戦隊を指揮し、ガミラス駆逐艦2隻を同士討ちを利用し撃破後、機関部被弾により操舵不能になり、敵巡洋艦と衝突し敵巡洋艦と相打ちの形で轟沈し戦死。

 取材対象は当時10歳だった少佐の娘であるキャサリン・アイハラ氏 看護師

ーー

 氏名 ミリアリア・ハーリング(19) 二等海兵

 国連宇宙海軍

 北米管区第一艦隊

 乗艦 戦艦ワシントン 給養員(調理担当)

 第一次火星沖海戦にて戦死

 詳細
 第一次火星沖海戦にて、指揮系統分断を狙う敵艦隊の攻撃により、旗艦であった乗艦が攻撃され最初の被弾時に被弾箇所付近にいた為、ビームの直撃を受け蒸発、戦死 乗艦もその後轟沈。

 取材対象は父親であるバリー・ハーリング氏 現在95歳 地球連邦防衛宇宙軍退役大佐

 ーー

 氏名 アルベール・ホイットニー(43)中佐

 国連宇宙海軍

 北米管区第二艦隊→国連宇宙海軍連合艦隊

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析