ハーメルン
ダービー行きコンコルド便は、体温の関係により離陸を延期いたします
片肺飛行

 京都競バ場第7競走、新バ戦。この日、わたしはようやくデビューすることができた。
 ただし、ジュニアではなく「クラシック新バ」……つまり、年を跨いで1月のレースだったのだが。

 結局、トレーナーがついても体の弱さは変わらず、ずれにずれ込んでこんな時期になっていた。

「無理はするなよ。おかしいと思ったらすぐに戻ってこい」
「はい、大丈夫です」
「大丈夫か、じゃない。戻ってこい、だ」
「……はい」

 もし、と考える。万が一、今日もダメだったら。「次」はあるのだろうか。
 来週、再来週に出られるならいい。でも、来月、再来月となれば、「未勝利戦」しかない季節になる。その未勝利戦すら、クラシック(今年)の秋にはなくなってしまう。あと、半年とちょっと。

 ぽたり、と肩に汗が落ちた。首元を拭う。脈が、速くなっているのを感じる。
 ちょうど、熱が出る直前のような感覚。汗が、冷や汗に変わったような気がした。

「嫌だっ」

 すると、耳慣れない声が返す。
「大丈夫かい?」
 URAの服を着た人の声だった。はたと見上げると、眼前にはゲートがある。スタート練習で使ったものよりずっと大きく感じる、そのゲートの目の前にわたしは立っていて、隣にその係員の人がいる。つまり、とっくにスタート直前だった。

「だっ、大丈夫ですっ」

 慌てて足を前に出す。すぐに後ろが閉じられて、最後、2つ左の枠の子が収まる。


「出ろー」


 ガシャン、と開いた。わたしも練習通り飛び出す。気を落ち着ける暇はなかった。







「直線向いてこの辺り何が先頭か、トウショウピーターでありますか、ラチ沿い懸命にバンブーピノ、さらにはフサイチコンコルド」

 直線を向いた瞬間、彼女の勝ちを確信した。外々を回されてはいたが、脚色は十分。

「トウショウピーター、フサイチコンコルドかわした。ヒシビートが内から来る。フサイチコンコルド先頭です」

「ヒシビート、トウショウピーター、先頭はフサイチコンコルド。フサイチコンコルド先頭でゴールしました。2着にヒシビート」

 新バ戦らしい平坦な実況の声がよく似合う、言うなれば「あっさり」の勝利だった。

 彼女は、フサイチコンコルドは間違いなくオープン重賞でやっていけるだけの才能がある。順調にいけばGⅠを獲ってもおかしくない。

 その「順調」に行かせられるかどうかは、俺にかかっている。他でもない、トレーナーの俺に。

 こわばった肩が少し重くて、胸ポケットに手を突っ込む。そこにタバコがないのに気づくと、情けなく頭を掻いた。






「フサイチコンコルドさん、一言お願いします」
 まだ頭の整理がつかないままに、わたしは手をわたわたさせた。
 何を言えばいいのだろうか。下手なことを言うと、他の子に失礼かもしれない。とはいえ、卑下しても応援してくれた人に失礼かもしれない。トレーナーにも迷惑をかけたくないし、でも思ってもいないことを言うのもおかしい気がするし……

 堂々巡りを続ける思考は、なぜか、こんな言葉を出してきた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析