ハーメルン
大学生、上杉風太郎。インフルエンサーでホストやってます
第1話




———東京都新宿駅歌舞伎町


「ご指名に預かり参上致しました!
勉強系インフルエンサーのフータです!
あ、君が俺を指名してくれたヒトハナちゃん?隣座るね。早速だけど何か飲む?乾杯しようぜ」

金髪にピアス。太客から貢がせたサンローランのスーツで全身を包み、18金のネックレスを胸元のはだけたシャツから覗かせた、心底IQの低そうな格好のまま俺は営業用ボイスで挨拶をする。

大事なのは最初の勢いと馴れ馴れしさだ。女達は刺激を求め、現実を忘れたいが為にここにくる。非現実な空間と演出。酒による高揚感。通常の生活では出会わない様なタイプのキャラの濃い男との接触——それでいて、強者を求めている。

つまりどれだけ自然にマウンティングできるかが勝負の鍵だ。女は自分を常に格付けしていて相手を自分より格が下だと分かった瞬間に興味を失う。人間は社会性の動物であり、女は強い男を自分のモノとする事で自らの社会的ステータスを確認するのだ。

馬鹿な女達にひと時の夢を見せる為には、女より高いステージに立っていなければならない。会話のペースをコントロールし主導権を握るのだ。故に俺は攻める。

「ヒトハナちゃんの髪色めっちゃ綺麗なピンクだな。ツヤッツヤじゃん。食事とか人より気を遣ってたりしないか?バッグもマルジェラの新作コラボだし、アンテナビンビン張ってるタイプとか?あ、お酒のメニューこれな。酒飲みたくない気分なら最後のページがソフトドリンクだから」

指名をしてきたにも関わらず何故か口をポカンと空けて無言を貫き、ジッとこっちを見つめ続けるピンク女。店内が暗い上にグラサンに帽子では容姿など分かったものじゃないが、共連れのアロハシャツに身を包んだ業界人を思わせるオッサンも含めれば十中八九芸能関係の人間だろうと思われた。

「クイーンも何か飲まれますか?せっかくなので俺が作りますよ」

え?あれ?嘘、え、そんな訳ないじゃん。やだ私…とかなんとかブツブツ呟いてるピンク髪のあまりの反応の悪さに俺は会話の矛先をひとまずクイーンに変えた。

俺はきちんと接客しようとしてますよ?会話が弾まないのはこの女のせいです。ちょっとじっくり攻めていくスタイルにします。だからクビにしないでください。という子犬の様な嘆願も視線に込めた。

クイーンは神風を頼み、オッサンはお湯割りのウィスキーを俺にオーダー。俺は席を立ちこのVIPルーム専用のバーカウンターに滑り込む。

このクラブのオーナーであり女王蜂。複数のホスト•ホステスクラブを配下に従え、東京を中心に勢力を拡大し続けるビッグママ。

此処は歌舞伎町ど真ん中。
クイーンの経営する秘匿性の高いデリバリー形態の特殊クラブ——そのVIPルームである。

クイーンが自ら姿を現すのは此処しか無く、経営側に回り、もう新規の客を取っていない彼女が自ら客の相手をするのはクイーンの近縁者しかいない。

だからこのオッサンの方は、クイーンの知人であるのは分かるのだ。

だがこのピンク女はなんなんだ?大人っぽい見た目に反して、場慣れしてないのが丸分かり。明らかに普段はこういうクラブで遊んでるタイプの女じゃなさそうだ。

クイーンの仕事は簡単に言ってしまえば、その悪魔染みた洞察力とカウンセリング能力を駆使して、客の好みにピッタリの接客係を配下のクラブから召喚——マッチング派遣する人材紹介業だ。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析