ハーメルン
大学生、上杉風太郎。インフルエンサーでホストやってます
第1話


「どうっ…はえっ!?」

やっと顔を見せやがった。
なんでちょっと泣き顔なんだよコイツは。
俺はすかさず一花の小さな顔面を鷲掴みにした。

——今日こそコイツに言ってやる。

「ホントは同い年の処女の癖に毎回オネーさんぶりやがって、ムカっとくるぜ。とっくに俺の方が経験豊富だっての」

「え…」

「今夜はクイズ外しまくって世間におバカ女扱いされだしてるお前の事を思いっきり叱って半泣きにさせてから、お前の演技した作品のシーンを一つ一つ接客で鍛えた女を喜ばす美辞麗句107選を駆使してメチャクチャに褒めまくってやる!一年会ってなくてもな。こっちはお前の出てる作品なんて全部目通してるんだ。話題なんか山ほどあるぞ。今日は一睡もさせないで、俺がお前を振り回してやるんだ。覚悟しろよ?」

[9]前 [1]次話 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:6/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析