ハーメルン
脳筋ネタキャラ女騎士(防御力9999)!
3 動作アシスト(ポンコツ)

「グルルルル……!」

 唸り声を上げ、威嚇しながらジリジリと近づいてくる虎。
 怖い。
 超怖い。
 平凡な男子高校生に過ぎない俺の感覚は悲鳴を上げている。
 だが……

「虎の魔獣……!」

 実際に口から出るのは、怒りに満ちた声だ。
 心の九割は怯えてるのに、残りの一割が凄まじく自己主張してきて、体は無理矢理戦闘態勢に入った。
 端的に言って、とっても気持ち悪い感覚。

「ワータイガー。貴様は恐らく、奴とは無関係なのだろう。だが、今の私は機嫌が最悪だ。そんな私の前に、奴と同じ虎の魔獣として出てきてしまった己の不運を恨め」

 口から勝手にそんなセリフが出てくる。
 ワータイガーって……ああ、思い出した。
 序盤のエリアボスだ。
 平均レベル10くらいの勇者パーティーで狩れる相手だったはず。
 というか、この体、口調の支配権はユリアにあるんだろうか?
 思い返してみれば、これまでも汚い男言葉は口から出なかったような……。

「ゴアァッ!!」
「行くぞ!!」

 そして、虎が飛びかかってきた。
 俺、というかユリアの体は勝手に動き出し、足に力を込めてサイドステップ。
 まずは虎の突撃を軽やかに避ける。
 ……つもりだったみたいだが、なんか予想外に体がすっとんで、森の木に思いっきり突っ込んでしまった。

「ぬわっ!?」

 痛っ!? ……くはないな。
 樹齢何十年もありそうな木がへし折れるくらいの勢いで突っ込んだのに、ネコパンチを食らった時ほどの痛みもない。
 魔王の攻撃でもノーダメージの絶対防御が仕事してるらしい。
 だけど、ワータイガーにはなんか「何やってんの、お前?」みたいな目で見られてる気がする。
 肉体的なダメージに反して、精神的なダメージは結構あるぞこれ。
 屈辱! くっ殺!
 というか、

「なんだ、今のは……?」

 なんでサイドステップでこんなことになる?
 あ、もしかして、急にレベル99の力がインストールされたもんだから、感覚が狂ったのか?
 今の動きは、流れ込んできた記憶にもあったユリアが鍛錬で体に覚え込ませた動きだったし、そりゃいきなり身体能力が跳ね上がったのに、いつのも感覚で動けばこうなって当然か。
 レベル99とはいえ、基礎ステータス上昇以外では全く強化してない速度だが、それでもユリアの感覚との差異から考えて、元の二倍くらいにはなってそうだからな。

「!」

 また体が勝手に動く。
 愚直にいつも通りの感覚を貫き通し、今度は泉に突っ込んだ。
 水が冷たい。
 ワータイガーの視線も冷たい。

「ちょ、待っ……!?」

 体が勝手に動く。
 感覚の違いによって吹っ飛び、転び、ワータイガーにぶん殴られ。
 ダメージこそないが、一向に攻撃ができない。

 おぃぃ! 止まれや、このポンコツ女騎士!?
 暴れ馬じゃないんだぞ!?
 というか、これだけ動いて欠片も動きが修正されないとか、不器用さんか、お前は!?

「……ああ、いや、違うな」

 感覚でわかる。
 こうなっちまってるのは、多分俺のせいだ。
 今のユリアは残留思念的な何か。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析