ハーメルン
脳筋ネタキャラ女騎士(防御力9999)!
5 冒険者登録

「ハァ……ハァ……どうにか辿り着けたか」

 遭難から一ヶ月。
 俺はなんとか森林地帯を抜けて、小さな村を発見。
 そこで道を教えてもらい、冒険者ギルドのありそうな大きな町に辿り着くことができた。

 ここまで色々と困難があった。
 遭難を悟ったのと同時に、自分が一文無しであることにも気づき、ユリアの知識に頼って、倒したワータイガーの素材を剥いだ。
 倒せば勝手にドロップアイテムになってくれたゲームと違って、手作業での解体だ。

 道具も無かったから、素手で牙や爪を引き抜き、素手で毛皮を引き千切り。
 異世界物のお約束であるアイテムボックス的な救いも無かったから、血生臭い毛皮で牙と爪を包んで持ち歩き。
 ユリアの残留思念と混ざってなかったら、あの鉄臭さで発狂してた自信がある。

 しかも、あの森は魔獣の巣窟だったらしく、森の恵みは奴らに食い尽くされていて、仕方なく魔獣を食った。
 火起こしの道具も無かったから、生肉を加工なしで。 
 ユリアの残留思念と混ざってても発狂しそうになった。
 彼女の復讐心という心の支えがなかったら、俺の冒険はそこで終わっていただろう。

 唯一の救いは、空腹や喉の渇きを殆ど覚えなかったから、そんな苦行は数回だけで済んだことか。
 多分、生肉での腹下りの回避も含めて『状態異常耐性:Lv99』が仕事したんじゃないかと思ってる。
 『餓え』や『渇き』も状態異常扱いなんだろう。

 あと『疲労』や『眠気』もだな。
 あれだけキツい遭難生活をしておいて、夜も警戒のために殆ど寝れなかったのに、疲労が精神的なもの以外に皆無なのはマジで凄い。
 さすが、頑丈さ極振り。

 ついでに、魔獣相手に戦闘テストを重ねられたのも良かった。
 おかげで、まだまだ拙いものの、ギリギリ見習い戦士を名乗っていいくらいの技術は身についたと思う。
 エリート騎士のユリアの感覚があるのに、見習い戦士止まりっていうのは情けないにもほどがあるが……。

 いや、でも言い訳をさせてもらうと、ユリアの感覚自体も劣化してる気がするんだよな。
 身体能力が激変して、感覚が狂ったことを差し引いても。

 その原因は恐らく、ゲームのユリアが持ってた『剣術』や『盾術』のスキルを失ったからじゃないかと睨んでる。
 あの手の武器スキルは、ゲームでは対応武器を装備した時に攻撃力や防御力に補正がかかるってスキルだったが、それってつまり武器の扱いが上手くなるスキルだったんじゃね? と思い至った。
 それが無くなったからこそ、まるで長いブランク明けのように感覚が劣化してるんじゃないかと。

 つまり、耐久スキルで武器スキルを上書きした俺のせいですね。
 どんだけ足引っ張ってんだよ俺ぇ……。

 なんとかスキルを覚えられる魔導書を手に入れて、この過剰すぎる耐久スキルのいくつかを、使えるスキルでもう一度上書きできないか?
 でも、ユリアの記憶によると、魔導書って最低でも貴族クラスじゃないと持ってない貴重品なんだよなぁ……。
 考えてみれば、ゲームでも魔導書って、相当高位のダンジョンで手に入れるか、王族や貴族関連のイベント報酬でしか出てこなかった気がする。
 自力で取ってくるか、勇者パーティーに入れて国の支援を受けられるようになったらワンチャンってとこだな。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析