ハーメルン
脳筋ネタキャラ女騎士(防御力9999)!
8 まな板少女を救え!

 人体を爆散させずに戦闘不能にするための力加減に苦戦しつつも、どうにか路地裏で絡んできたチンピラどもを叩きのめして、衛兵の皆さんに突き出し。
 俺はまな板少女を追いかけて町を出た。
 そして、近づくなという意味で受付嬢に場所を教わっていたダンジョンに突撃した。
 実力で認めさせてやるとか言ってたから、多分まな板少女はここに入ったんじゃないかと予想して。

 すまぬ、受付嬢(おっぱい様)
 絶対に入るなと言われていたのに、一瞬で言いつけを破ってしまった。
 それもこれも、俺じゃなくて、せっついてくるユリアの思念が悪いんだ。

 というわけで、古びた剣で出てくる魔獣をバカスカ倒しながら、まな板少女を探した。
 生き物を殺す葛藤?
 そんなもん、もう慣れた。
 一度でも野生を体験すると、この世は所詮食うか食われるかなんだなって真理を垣間見れるから、悟りを開きたい人にオススメだ。

 そうして、随分と奥に進んだところで、ようやくまな板少女を見つけたと思ったら……

「何をしている、貴様らぁ!!」

 まな板少女はなんと、俺を襲ってきたのと似たような集団に襲われていた。
 体がユリアの感覚で反射で動き、慌てて動きをレベル99用に修正してたら、気づいた時には手に持った剣でチンピラを3人くらい斬ってしまっていた。

 おげぇえええええ!?
 ちょ、ユリア様、俺まだ人殺しの覚悟までは決まってなかったんですが!?
 そりゃ、あんたの記憶の中には盗賊を斬ったシーンとかもあったけどさぁ!
 実際に俺がやるとなったら話は別でしょ!

 人を殺した感覚に俺の精神が悲鳴を上げるも、胸のうちからフツフツと沸いてくる同胞を傷つけられたユリアの怒りで、あっさりと塗りつぶされてしまった。
 薬か何かで精神を操作されてる気分。
 吐き気は随分と収まったけど……これ元の世界に帰ったら、戦場帰りの兵士みたいにPTSDとかになるんじゃね?
 お家帰りたくないよぉ……。

「うぉ!? ビックリしたぁ!? 君は……さっき、この子と一緒にいた子か。ケビンを向かわせたのに……くそっ、あいつしくじりやがったな」

 ユリアの暴走攻撃を唯一回避したチャラ男っぽい奴が、なんかケビンとかいう奴に毒づいてる。
 そのセリフから考えて、ケビンってさっきの舐めるような目のおっさんだよな?
 つまり、こいつがホモの元締めか。
 しかも、今回は婦女暴行まで。
 許せん!
 いくらまな板とはいえ、美少女は世界の宝だというのに!

「貴様、覚悟はできているのだろうな?」
「……ああ、くそっ。すっごいプレッシャーだなぁ。凄腕の元傭兵か何かでしょ? 冒険者登録したての新人だと思ったのに、とんだ詐欺に遭った気分だよ」

 そんなことを言いつつ、チャラ男は剣を構えた。
 ネタキャラステータス、しかも俺の技術が拙なすぎて、まるで全力を出せてないとはいえ、それでもレベル99の力を見せたのに、諦める気配は微塵もない。
 それくらい、自分の力に自信があるんだろう。
 よく見たら銅の認識票つけてるし、Bランク冒険者か。

 こりゃ油断はできん。
 俺一人ならともかく、まな板少女を人質にでもされたら辛い。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析