ハーメルン
アシュリー嬢は呪われてしまった!?
12:ミハイル様のご訪問

 できますとも。さあさ、どうぞどうぞ。
 と言って気安く招き入れられるほど、簡単な仕事ではなかったけれど、手詰まりだったわたしには、その申し出を断る選択肢はなかった。

 王国騎士団が味方となってくれるなら、またとない援軍じゃない?
 善は急げと、わたしはミハイル様と一緒に屋敷へと取って返し、使用人用の出入口からこっそりとミハイル様を屋敷の中にお通しした。

 自分でお客様を案内したことなどなかったので、自分の部屋の前まで来たところではたと立ち止まる。
 もしや、普通は客間の方にお通しすべきものなのでは?

 だが、そんなふうに迷っているうちに、廊下の先、その客間の方向から、お父様と誰か別の人の話し声が聞こえてきた。
 しかも話し声はこちらの方へと近づいてくる。

 ヤバイヤバイ。

 わたしは急いでドアを開け、ミハイル様を中へと招き入れた。
 そっとドアを閉じて内鍵を掛ける。
 振り返って部屋の奥へ行こうとすると、そこで立ち止まっていたミハイル様の背中にぶつかってしまう。

「あ、すみませ」

 ん?
 わたしにぶつかられたというのにミハイル様の反応がない。
 全く動かないドッシリとしたお背中は、大きな壁か柱のよう……。

 横から回り込んで見上げると、そこには険しい表情で固まったミハイル様のお顔があった。
 これまた見たこともない表情。
 固い表情の中には、驚き、とか、困惑、といった感情も含まれているのが読み取れた。

 一体何をそんなに驚いているのだろう、とミハイル様が見ている視線の先を追いかけると、そこにはベッドの上で無防備に寝転ぶわたし──アシュリーの姿があった。

「リゼ殿……、ここは、アシュリー様のご寝所ではないのか?」

 見開いた目と視線はそのままに、ミハイル様がようやく声を絞り出す。

 そうでございますとも、寝所です。
 気付いたなら見ないでー!

「も、申し訳ありません。うっかりしました。少し外へ……、いえ、ちょっと後ろを向いていていただけますか?」
「あ、ああ、すまん……」

 わたしは慌ててミハイル様の身体を回れ右させるように押しやって、入口のドアと向い合わせた。

「慌てていて頭が回らなかったのです。忘れてください。今、整えますので」
「お休み中ではないのか? アシュリー様は」

「い、いい、今、今起こします!」

 最悪だー。
 騎士団長様にわたしのこんなだらしない姿を見られてしまうなんて。
 それに、真昼間から寝惚けている自堕落な女だと思われてしまったに違いない。
 一生の不覚!

 こんなことなら、自分の身なりをしっかり整えてから外出するのだった。
 謹慎中の自分に来客などあり得ないと言い、リゼの小言を相手にしなかった過去の自分を引っ叩いてやりたい。
 なんとか自分の身体を持ち上げて、一応ベッドの上に寝かせ直してはいたけれど、せめて……、せめて上にシーツぐらいは掛けておくのだったわ……!

 とにもかくにも元に戻らなくちゃ。
 わたしは何知らぬ顔で寝こけている自分の顔を覗き込む。

 えっとお?
 このまま元に戻って大丈夫かしら?

 チラリと入口に向かって立つミハイル様の後ろ姿を見る。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析