ハーメルン
アシュリー嬢は呪われてしまった!?
03:ここでプロローグ挿入 アシュリー嬢が見舞われた不幸の波状攻撃を見てみよう

「婚約は、破棄だ」

 リカルド王子の口から放たれたその残酷な言葉を、アシュリーは信じられない思いで聞いていた。
 王子は玉座に座るタッサ王の隣──彼女を見下ろす位置──に立っているが、その目はアシュリーのことを見てはいなかった。
 彼女からの視線を避けるようにその端正な顔を逸らし、身体を固くし、あらぬ場所を凝視している。

 アシュリーは、かつて彼との距離をここまで遠く感じたことはなかった。
 二人、言葉を交わすときは、常に互いの息遣いが聞こえるほど近く、寄り添うようにし、やがて結ばれるときの訪れを共に信じて疑わなかったというのに。
 王都を離れていた僅か一週間ほどの間に、一体何が起きたというのか。
 アシュリーには、その理由が全く分からなかった。

「お待ちください、王よ! 娘が何か!? 何か粗相を致しましたでしょうか?」

 呆然と立ち尽くす娘に代わって、彼女の父であるヒーストン伯爵が、王や王子による突然の翻意のわけを尋ねる。
 当然、事は当人同士の問題にとどまらない。
 いくら王や王子とは言え、正当な理由もなしに一方的な婚約の破棄など通るわけがなかった。

 王はその申し立てには直接答えず、側付きの男に向かって首を揺らしてみせただけだった。
 王から促された男は、壇上のやや内寄りに進み出て、手にした書状に目を落としながら高らかに宣言する。

「ヒーストン伯爵令嬢アシュリー。貴殿にはアダナス帝国との密通の嫌疑が掛けられている」

 静まり返っていた謁見の間が遠慮がちにざわつき始めた。

「皆が知ってのとおり、アダナスとわが国は長年戦争状態にある。その最中にあって、アダナスとの国境にもほど近い地に、身を隠すようにして出向くとは、十分な嫌疑に値する」

 その瞬間アシュリーは思った。

(は……、ハメられた……!)

 ……と。
 今このとき、改めて考えてみれば、あの旅は怪しいことだらけだったと思い至る。

(まさか、あそこがそんなきな臭い場所だったなんて……)

 自分の迂闊さを呪うのに必死で、顔面蒼白となった彼女は異を唱える余裕もない。

「お待ちください。たったそれだけのことでございますか!? 娘に一体何ができましょう? まだ、齢十六にも満たぬ小娘が、敵国との密通など、そのような大それたことをしでかすなどと、そんなことを本気でお思いですか?」

「ラングよ。嫌疑は嫌疑だ。此度のこと、お主は知らなかったのであろう?」

 早口でまくし立てるようにして食い下がるヒーストン伯に対し、王はゆっくりとした口調でたしなめた。
 後半、何か含みありげに高く釣り上がった王の声音に、ヒーストン伯の肩がビクリと震える。
 そして、気弱さを感じさせる表情で、自分の隣に呆然と立ち尽くす娘の顔を窺い見るのだった。

「王太子殿下が破談をご決断された理由はそれだけではございません。ヴィタリス嬢、前へ」

 王の側付きの男が続けて口上を述べると、その後ろから妖艶を絵に描いたような女、ヴィタリスが姿を現した。
 主張の激しい豊満な胸とは裏腹に、慎ましやかに目を伏せ、肩を落としたしおらしい仕草。
 彼女は、アシュリーの前ではついぞ見せたことのない、憐れを誘う立ち居振る舞いで壇上にあり、広間に集まった皆の注目を一身に集める。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析