ハーメルン
アシュリー嬢は呪われてしまった!?
08:くちづけを……したくなるのも、呪いのせいなのかしら?

 再び自分の身体と二人きりになったわたしは、部屋の中をウロウロと歩き回りながら考える。
 何を考えてるのかって?
 それを考えてるのよ。

 わたしは今、大変困った状況に置かれている。
 それは間違いないんだけど、状況があまりに突飛過ぎて、何から考えていけばいいのか全然分からない。
 だから何を考えなければいけないのか、こうやって必死で考えているのだ。

 とりあえず、わたしが殺されないようにすることかしら?
 でもその危険はひとまず無くなったわよね。
 ヴィタリスがさっき実行犯と思われる男たちに言い含めていたようだから、当面わたしのことを毒殺しようとはしないはず。
 次に考えるべきは……、婚約破棄を撤回してもらうことかしら?
 それともヴィタリスの……、メフィメレス家の企みを暴くこと?

「……いいえ、違う。元に戻ることよ」

 わたしははたと足を止め、ベッドの上にいる自分に向き直る。

 わたしの身体は今もなお、スヤスヤと寝息を立てていた。
 人の苦労も知らないで、気持ち良さそうに眠りこけちゃって……。
 いや……、この子に当たるのは筋違いか。
 って、この子はわたしなんだった。
 もうっ、混乱しちゃう!

 だって、頭では分かっているのに、こうして寝顔を見つめていると、何だか不思議な気分になるのだ。
 わたしではない、別の人間がそこに寝ているよう……。

 というか、逆ね。
 今考えているわたしが、アシュリーじゃない別の人間であるように錯覚してしまう。

 アシュリーでなければ、わたしは誰?
 リカルド様?

 ……そうだったらいいな、とわたしは思う。
 アシュリーの寝顔をジッと見つめていると、この胸は、ドキドキと暖かい気持ちでいっぱいになる。
 この鼓動がリカルド様の高鳴りであるのなら、今もわたしは、リカルド様に愛されているということにならないだろうか?

 愛おしい……。
 自分の顔を見ながらこんなことを思うって絶対に変。
 これじゃあ、まるでわたしが痛いナルシストみたいじゃない。

 気が付くと、わたしは寝ているわたしに向かって顔を近づけていた。
 リカルド様があの時そうしていたように、枕元に腕を置き、覆いかぶさるように……。

 ちょっといかがわしい気持ちになる。
 これは自分なのに。

 呪いだ……。
 そうよ、呪いを解くためよ。
 試してみなくちゃ。
 キスで入れ替わってしまったのだとすれば、きっと、もう一度こうすれば……。

 そうやって自分に言い訳をしながらも、心の奥底、身体の芯の部分では、目の前に横たわる無垢な唇に口づけすることを熱く欲していた。
 ただ純粋に……、この小さな唇にキス……したい……。

「……!」

 それは一瞬の出来事だった。
 再びグラリと身体の向きが裏返るような感覚があった。
 でも、今回は倒れ込むことはなかった。
 だって、()()()は最初からフカフカのベッドの上で仰向けに寝ていたのだから。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析