ハーメルン
やすらぎのアオいひととき
やすらぎのアオいひととき

 ちょっと失敗だったかな、そう思いながらベッドに転がる。ここはお母さんと二人で仮住まい中のマンスリーマンション、そして私は自分の短慮を噛み締めている所。
 やっぱり言うべきじゃなかったかもしれない、私が――後輩男子の家に居候しているなんて。
 渚にはストレートに「あんたバカなの?!?」って失礼なことを言われてしまったけれど、まあ確かにそうだな。私はバカだ、手段を選ぶ頭も無いくらいに。
 もっと知恵が回れば、お母さんを説得して独り暮らしする算段も付いただろう。諦めて次善の策を探せれば、海外で新しい仲間とバスケをする道もあっただろう。でも私に、そんな事は出来なかった。
 何としても日本に残る、その為には他に手はなかった。少なくとも私の頭ではどうにもならなくて、だからお母さんの旧友である由紀子さんの所へ御厄介になることとなった。
 それそのものを嫌だとは思わないけど、でも傍から見たら不安だろうな。大喜くんは男の子だし、私は女子だから。渚が言うように、()()が起きたら取り返しがつかない。「今は一時的に同居を中断している」とか言わなくて良かった、そんなこと言ったら渚のことだから私を自宅に引き取ろうとしかねない。
 でも、私はそれでも猪股家に居続ける。バスケの為、そして――。

 そう言えば前に渚自身が言っていた、「預かってもらってる家に男子がいたら、千夏にも恋愛フラグ立ちそう」と。そのくらい近くないとあんたは恋愛なんかしないでしょ、とかそんなのも言われたな。いつもいつも失礼な女だ、よく親友やってるよ私。
 そんなに簡単だったら、苦労はしてないんだ。
 今まで歳の近い男子がそばにいる生活なんて想像もしていなかったし、正直扱い方が分からない。そう思いながらも私は大喜くんに近づくようになって、だんだんと距離も意識しなくなる程に油断してしまった。まるで家族、姉弟のように。
 でも脚がもつれて大喜くんをベッドに押し倒した、あの時。私は改めて思い知った、大喜くんは男の子なのだと。伝わってくる胸の鼓動が、赤く染まった顔が、私に告げていた。大喜くんは目の前にいる、この私を――()()として扱っているのだと。
 このままでは大喜くんに、良くない勘違いをさせてしまう。
 だからこそ、一度線を引いた。節度を持とう、良い同居人でいよう。それがお互いにとって、最善だと思ったから。
 私たちは束の間一緒にいるだけ、つまりは期限付きな仮の家族。期間満了まで、その関係を維持しなければならない。
 ……そう思いはすれど、上手くはいかないのだ。

 夏の終わりに私は少し離れた所から、大喜くんが蝶野さんと仲を深めていくのを見守っていた。
 インターハイで負けて、それでも私たちは止まらず進むしかない。先輩方の引退、私の副キャプテン就任、その他諸々。擦りきれるほどのパワープレイで、私はどんどん弱っていく。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析