ハーメルン
White and white(PSYCHO-PASS)
お兄ちゃん



・・・・・・・・・


狡噛舞白 16歳 私立新麻布高校1年
身長は168cm 体重は49kg
趣味は海辺を散歩すること
得意な事は格闘技、空手(3段所持)


両親はすでに他界、母方の祖母は生きているが
重い心臓の病の事もあり現在入院中。

そして兄、狡噛慎也
公安局 元監視官 現執行官。
両親が他界してからというもの、私の親代わりとして沢山助けてくれた。
祖母の援助もありながらも、なんとか厚生省公安局に入局。


兄と最後に面会したのは3週間前。
残念ながら、執行官になってからは一緒に住むこともできなくなり
日々電話で話をするか(ほぼ兄からの着信)、
面会できる日に公安局まで訪れるか、そうすることしか
兄に会える手段はなかった。


全て数値と色で管理される日本。
職業さえも選べない、結婚相手さえもシステムによって選ばれる。
そんな世界で、潜在犯として、執行官として、
色に臆することなく戦う兄を、
正直羨ましく思っていた。


・・・・・・・・・・・・・・




「狡噛さんの妹さんって麻布高の生徒なんですよね?
すごいエリートじゃないですか…」

監視官 常守朱
今年、公安局刑事課一係に入ったばかりの新人監視官。

昼休憩時、昼食を一緒に食べようと誘われ
お互いの話をしていると妹の話になった。


「まあ、アイツは元々勉強も得意だったし、
空手の名門校でもあったからな
適正でその高校名がでた瞬間、俺が勧めたんだ」

「本当に狡噛さんの妹さんって感じですね
…この前面会に来たって時、私たまたま非番でお会い出来なくて残念でした」

オムライスを口に運ぶのを止めて
残念そうにする常守。

「また近々面会があるからその時会ってみるか?
確かその日、監視官は非番じゃなかったはずだ」

「ぜひ!狡噛さんのいろんなお話も聞けそうで…」

「…何を聞き出そうとしてんだあんたは…」

アイスコーヒーを口に運び、はぁとため息を吐く。
舞白ならペラペラと話しかねないと不安視する。

「そういえばそろそろ職能適性の時期ですよね?
妹さん、麻布高ですし選び放題じゃないですか?」

「…あんたと同じ、13省庁6公司全部A判定だ」

本来、喜ばしいことのはずなのに狡噛の表情は曇っていた。
それを察知した常守は言葉を詰まらせる。

「職能適性の結果、頑なに俺に話さなかったから
唐之杜に調べさせた」

「職務乱用じゃないですか…」

呆れ顔で狡噛を見据える常守。
頑なに話さなかったという妹の話を聞いて首を傾げる。
13省庁6公司全部A判定なんて誰しもが羨む結果、
それを経験したことのある常守は余計に不思議に思っていた。

「……なんだか嬉しそうじゃないですね、狡噛さん」

外に目線を移す狡噛。

「あいつがもし公安局に入りたい、なんて言ったら
俺は反対だ
…でも何となく分かる、あいつは公安を選ぶって」

「……不安ですか?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析