ハーメルン
White and white(PSYCHO-PASS)
闇の夜




・・・・・・・・・


地図に載っていないプライベートビーチ。
洞窟のようなトンネルを潜った先に、その場所はあった。

きれいな海が広がり、機械的なものは一切なく
自然だけで作られた世界。


舞白はバケツに海水を入れ、
咲良は手持ち花火をセッティングし、
ライターで付属のろうそくに火を灯す。

「…すごいこの花火セット、昔ながらというか…
バーチャルじゃない本物…」

「お父さんが買ってきてくれたの
なかなかこういう花火はもうできる所が限られてるみたいだけど
…私からのちょっとしたお礼」


色とりどりの手持ち花火。
2人はそれぞれ手にして火を灯すと
火薬の臭い立ち込め、綺麗な花火が照らす。


「けほっけほっ…すごい、本物ってこんな感じなんだ…」

火薬の独特な香りにむせる舞白。
でも本物の火薬に感動してその香りも、気づけば気にならなくなっていた。


「うわー!!すごいこれ!勢い!!
あっつい!!」

「咲良、怪我しないでよ〜
本物の花火で怪我して帰ったら
お父さんとお母さんに怒られるよ〜
ただでさえ心配かけまくってるんだからー」

子供のようにはしゃぎ回る咲良。
やけに幼く見えると思ったら
ツインテールにしてるせい?
ピンクの淡いヒラヒラとしたワンピースを着てるせいか…。

女の子女の子してる咲良を羨ましく見つめ、自分の姿に
なんとなくガックリと肩を落とす。

染めた白髪に、着古した白いTシャツ、
同じく着古したタオル地の部屋着のショートパンツ姿。

こんなに対象的な私たちがここまで仲良くなれるなんて、と
手持ち花火を見ながら考えていた。


「ねぇねぇ!手持ち花火が終わったら
これもあるから!」

やけに大きめのもうひとつの袋から取り出したのは
筒型の花火。

「…待って、さすがにそれはヤバいでしょ
打ち上げ花火でしょそれ?吹き出したりするやつ」

「さすがに打ち上げは目立っちゃうから、吹き出すタイプのやつだけ!」

ね?楽しいでしょ?とニコニコと微笑む咲良
手持ち花火を複数本持てばくるくると回り始める。


「咲良、危ないから気をつけ…」

その瞬間、舞白は異変に気づく。
自分たちが抜けてきた方の道から人の気配を感じた。



「舞白?ほら!
まだまだこっちにも…」

「咲良!こっちに来て!」

数メートル先まで離れている咲良、
持っていた手持ち花火を投げ捨てて走り出す。

砂浜に足を取られ、いつもの様に走れず顔を歪める。
その様子を変だと、やっと気づき咲良は顔色を変える。




「舞白!!後ろ!!」

声に反応し、咄嗟に後ろへ振り向くと
長い鉄の棒を振りかざす男。
しかし顔はヘルメットに覆われ確認できない。

「ッ!何ッ…あんた…」

なんとか脚で蹴り飛ばし
よろける男。


しかしその男の後ろにも、複数人同じようなヘルメットを被った集団がいた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析