ハーメルン
PSYCHO-PASS Sinners of the System[case.4 再会の白] ーReunited with White
トランスペアレント



・・・・・・・・・


翌日 朝早くから分析室に姿を現したのは
常守朱。

ソファで仮眠をとる唐之杜に、
昨夜からぶっ通しで薬の成分を調査している雛河。



「雛河君、もしかしてずっと調べてたの?」

「お、おはようございます!……お姉ちゃん……」

雛河は疲れた様子は全く無く、寧ろ何かを見つけたのか
眼を炯々とさせていた。

「…大量の薬物、
全部調べて、ある接点を見つけた……」

目の前の画面に、薬の成分やら様々なデータが映し出される。
そしてその中に、常守も気になる単語を見つけた。


「トランスペアレント製薬会社…
もしかしてこの薬剤の大元が?」

「この赤い薬品だけは出元が不明だけど…
…他の薬品は全部……トランスペアレント製薬会社のもので間違いない」

トランスペアレント製薬会社
国内の約70%の薬品をこの会社が製薬。
風邪薬から、手術で使用する麻酔薬、メンタルケアのサプリメントをはじめ、ありとあらゆる薬品を日本国内に流通させ、誰しもが知っている大企業だった。


「同じ薬品はもちろん他の製薬会社も取り扱ってるけど
……細かく中身の成分、分量に型を見る限り
間違いないはず……」

「こんなにも大量の、しかもPTP包装もされず裸のまま…
明らかに工場からそのまま出されたような状態
…調べる価値ありそうね」


普通、薬品は錠剤であれば1つずつプラスチック包装をされているもの、しかし、見つけたものは全て裸の状態で袋に入れられていた。


明らかに不自然すぎる。

「雛河君ありがとう
これで一歩前に進めたわ」

「こ、これくらい……大したこと、ない…」

一晩で大量の薬物の分析、そして出元の会社まで調べあげた雛河
相変わらずの並外れた能力に頭が上がらない。


「この製薬会社に、捜査協力依頼をしないとね
…雛河君、もちろん着いてきてくれるわよね?」

「も、もちろん!」

「その為にも今から暫く仮眠をとって休んでおいて
その間に私もできることはするつもりよ」

「うん…仮眠…する…」


常守は雛河に笑いかけると分析室を後にする。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



そして先程のデータを改めて見漁り、
他にも怪しい点がないかチェックしていく。


((国内最大手の薬品会社が
あんなに大量の薬物を誰かに横流しするとは思えない
…リスクもあるし、そもそもそんな事をする必要はないはず))

執務室へ戻ると、自分のデスクへ座り
カタカタとキーボードを叩き、ありとあらゆる情報を確認していく。

今まで、様々な薬品を作り出し世に貢献してきた。
黒い情報は見当たらず、直感で常守は白だと考える。

じーっと、目の前の画面と睨めっこする常守を
部屋に入ってきた人物が遮断するように声をかける。


「早いな常守」

「うわっ、びっくりした…おはようございます、宜野座さん」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析