ハーメルン
ひょんなことから担当ウマ娘とデートすることになりました【短編集】
役作りのためメジロアルダンとデートすることになりました

「トレーナーさん、実は折り入ってお願いがあるのですが…」

 秋のファン感謝祭…すなわち聖蹄祭を二週間後に控えた、ある秋の朝。メジロアルダンは何の前触れもなくそう切り出した。
 担当ウマ娘の願いを、担当トレーナーとして聞かないわけにはいかない。二つ返事で承諾し、その内容を尋ねてみると…。

「はい、演劇で主人公の恋人役に選ばれたのですが、その役作りのお手伝いをしていただけないかと思いまして…♪」

 両手をぽんと合わせながら、彼女はいつもと変わらない淑やかな笑顔を見せた。
 話によれば、聖蹄祭の出し物の一つである演劇の、いわゆるヒロイン役に抜擢されたらしい。だが、その心情がいまいち理解できないということだった。

「台本を何度も読み直しているのですが、上手く感情移入できないのです。特にこの…まだ顔見知り程度だった二人が、街中でばったり出くわして、そのままデートになって仲を深めていくシーン。この時点で既に、恋人役は片思いだったのでしょうか? それとも、ここから想いを寄せ始めたのでしょうか? そういった感情の機微が、この台本からはなかなか読み解けなくて…」

 台本を開いてみせ、とつとつと不明点を説明する彼女。そこには台詞だけしかなく、登場人物の表情や仕草といった細かな指示はない。恋人役はこのシーンから主人公に惹かれていく流れのようだが、確かに台詞だけではいまいち分かりにくいようにも思えた。

「ですので、このお話のように、私と実際にデートしていただけませんか?」

 難しい顔から一転して、にこにこと微笑みながら彼女は言った。そう、恥ずかしげもなく、あっさりと。
 唐突な依頼にたじろぐこちらを知ってか知らずか、彼女はいたずらっぽく続けた。

「百聞は一見に如かず…同じシチュエーションに身を置けば、きっとこの役の心情を理解することができると思うのです。こういったことを頼める身近な殿方も、今はトレーナーさんしかおりません。どうか、お聞き届けいただきたく存じます…」

 両手を前に添えての丁寧なお辞儀。担当トレーナーと担当ウマ娘の関係になっても、彼女は名門メジロ家の令嬢らしく、常に気品にあふれていた。
 ただ、この時ばかりは少し違った。俯き加減に頭を上げた彼女は、こちらの顔色を伺うようにして物憂げな視線を飛ばしてきたのだ。それはいわゆる、上目遣いといわれる行為。その紫苑色の瞳には、確かに小悪魔が潜んでいるような気がした。
 真面目な彼女が見せるはずがないと思っていた所作。その反則的なギャップに打ち勝てるわけもなく、無意識のうちに首を縦に振っていた。

「ふふっ、ご無理を聞いてくださり、ありがとうございます。明日は確かお時間がありましたよね? 本番まであまり余裕もありませんし、明日早速デートするということで段取りいたしましょうか…♪」

 そこにあったのは満面の笑み。いや、したり顔というべきだろうか。
 つややかな水色の尻尾は、いつになくふわふわと揺れていた。

 デートといえるのかは微妙だが、彼女と二人で出かける機会自体はこれまで何度かあった。印象に残っているのは、やはり美術館や観劇といった芸術鑑賞だが、他にはメジロ家のお屋敷や、避暑地である別荘に案内してもらったこともあった。
 ただ、いずれも『お出かけ』というよりは、『高貴な外出』と表現すべきもの…いわゆる上流階級の人間が行うイメージがあるものばかりだった。そもそも彼女はメジロ家の令嬢なのだから、当然と言えば当然なのだが。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析