ハーメルン
真の実力はギリギリまで隠しているべきだったかもしれない
聖人狩りに行こうよ ②






 ネブから逃げるうちに随分と山の奥まで潜り込んでしまった。

 さすがにこの俺の全速力にはついて来れなかったようだが、足跡が残ってしまってる以上必ずいつか追いつかれる。
 そこで頭のいい俺は木の上を跳びながら移動しているが、多分アイツ木に付いた傷とかから靴底特定してきそうなのが怖いんだよな。

「おもしれーくん。おーい、おもしれーくん?」

 呼びかけてみるがアイツから反応はない。多分、一瞬で変装がバレた後大笑いしてそのままバックれたのだろう。おもしれーくんが不真面目なのはいつもの事なのであまり気にしない。

 むしろ、邪魔しかしないやつらが居なくなってちょうどいいだろう。

 これでいよいよ真面目に『聖人』探しができる、と思っていると噂をすれば影と言わんばかりに人の気配がした。
 こんなにすぐに? とは思わなくもないが俺には今のところ聖人に繋がる手がかりはない。とにかくなんでも情報になりそうなら走り回るしかないのだ。
 そう思いながら草木を分けて気配の方へとゆっくりと近づいていくと。


「はいはい、安心してくださいね。私達は神の御使い、怪しいものじゃないですよ〜」
「んー、んー、んー!」
「何言ってるかわかんないので合意とみなしますね。いや〜、信者が増えてくれて嬉しいですよ。これからも私達と共に神の導きに従っていきましょうね」


 夕焼けのような鮮やかな金と赤の中間色の髪を三つ編みにし腰まで垂らし、太腿と脇腹を露出した存在そのものが神への冒涜みたいな修道服に身を包んだ女が、目隠しと猿轡を噛まされ手足を縛られた女の子を担いでいた。
 全力で好意的に解釈すればギリギリコスプレ趣味と被虐趣味の友人同士の馴れ合いに見えなくもない。見えなくもないからそういうことにして帰りたいんだけれどそんなやついるわけねぇだろ。

 コスプレ修道女の方の服に付けられている紋章。
 鷲と蛇と犬と蜘蛛とかモリモリ過ぎてなんかよくわかんないことになってるシンボル。
 あれはこの国の人間なら間違えるわけのない、頭のおかしい犯罪組織『聖教会』のモノだ。

 正直関わりたくないよ。目を合わせたら信者として連れてかれて洗脳されるか、降魔として連れてかれるかの二択のDeath or Death仕込んでくるような輩だし。

 でも、この山でそいつらが誘拐をはたらいてるとするならば、担がれてる方は俺たちも探している降魔七階殺しの『聖人』であるかもしれない。


 ……それに、よく見たら捕まってる推定聖人の子、可愛いかもしれない。
 目と口元が目隠しと猿轡で判断つかないけれど、多分可愛いな? 可愛いよな? うん。


「ちょっと待てそこの犯罪者!」
「誰が犯罪者ですか!? 入信希望ですか!?」


 キレながら入信希望を聞いてくるあまりに情緒不安定なその仕草だけで話しかけたことを後悔する。基本的に聖教会の奴らは頭がおかしいので話しかけてはいけない、話しかけるなら殺すつもりで話しかけろと教育されてきた。

「いや……その……誘拐とかよくないと思うよ? うん。親も泣いてるよきっと」
「誘拐じゃないですよ。ちゃんと神の下で合意ですよね?」

 担いでる女の子にそう話しかけるコスプレ修道女。そして担がれてる女の子は首を全力で横に振っている。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析