ハーメルン
【求ム】貞操逆転世界の婚活ヒトオスVTuber【清楚系】
三次元では抜けない女 そのいち

『性別の記載をお間違えではないでしょうか?』

『本当に男性でよろしいのですか?』

『え、マジで男なんです……?』

 という再三の確認に始まり、

『PR動画を拝見致しました。濡れたので間違いなく男性ですね。つきましては面談のため弊社へお越しいただきたく──ねえどこ住み? てかBOINメッセージアプリやってる?』

 一次審査の合格通知にしては恐ろしく不安を煽る出会い厨の如きアポイントを経て、

「すぐに社長が参りますので、どうぞこちらへお掛けになってお待ち下さい」

 そして当日。事務所の応接室へと通された俺は何故か、備え付けのソファー……ではなく社長秘書を名乗るメイドさんの膝上に座らされていた。ええ……?

「申し訳ありません。男性を呼び付けておきながら大変恐縮ではありますが、お嬢様──もとい社長はとにかく『真打ちは遅れて登場』というのを好む方でして」

「アッハイ」

 平然と続けるじゃん……。
 まあ時の権力者なんかは威厳を示す手段としてそういうこともやっていたらしいが……それはそれとしてただのアホでは? でもなんか微妙に理解出来るのが嫌だわぁ……ほら、ボスキャラとか先に登場した方が噛ませになる的な……。

 いやそうじゃなくて。
 ……もうね、突っ込んだら負けだと思って言わなかったけどこの人、初対面で「社長秘書の専属メイドです」って言い切ったんだわ。秘書なのかメイドなのかもよくわからんし。今こうして『自分、椅子ですが何か?』と言わんばかりに人のこと抱きかかえているのはもっと意味がわからない。結局お前は誰なんだ……。

 客というのも違うだろうが……我応募者ぞ? もしや既に面談は始まってる的な……やべー女相手の対応力とか試されているんです?





 ──黒髪のメイドであった。この貞操逆転世界の女性には珍しく露出の少ない、ロングスカートのクラシックスタイル。無口という程ではないが表情と抑揚にやや乏しい、いわゆるクール系。そして言うまでもなくデカいしデカいしデカい背丈、胸、尻
 
 いっそ貞操の危機を感じたなら話は早かったのかもしれないが……何が怖いって、有無を言わさず人を膝に乗せる癖に、それ以外は何もしてこないのが逆に怖い……。
 手指はヘソの付近で組んだまま微動だにせず、息遣いも平常そのもの。おっぱい? ただの備品のクッションですよ。と性欲の欠片も感じさせない様はもはやプロフェッショナルと言っていい。プロの椅子ってなんだ。

 でも知ってるよ。こういう事務的で感情薄そうなタイプこそ、地雷を踏んだ瞬間に力尽くで壁ドンしながらエグい捕食ベロチューしたり、夜のチンチン列車では無表情で「イけ、コキ出せ」とか無限搾精編に突入する危険があるって。ぼくはくわしいんだ一部愛好家の性癖にブッ刺さるらしい

 落ち着こう……不覚にも困惑こそしたが、俺もまた歴戦のクソ童貞。伊達にこの貞操逆転世界にいながら性癖を拗らせてはいないのだから。
 まず、メイドさんという情報からして奉仕欲か何かが悪魔合体して拗らせたタイプだろう。こういう手合いは意外と自分からは一線を越えてこないので、されるがままの方が安全だ。下手に過剰反応して拒絶する方が危険と見る。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析