ハーメルン
リコリス・リコイル 5話モブ救出RTA機動捜査隊チャート
Side by cop’s buddy


「─戸村天理君、君の次の配属先だが、4機捜になることg」
「ほっ、ほんとーですかっ!?」
「待て、落ち着き給え戸村君。君の希望通りで喜びたいのは分かるが、待て圧がちょっと」




「─あなたは」
「本日警視庁第4機動捜査隊に配属となりました!戸村天理です!あ、天の理って書いてアマリって読むんですけど…」
「…私じゃなくて、最初に隊長に報告が必要なんじゃ?」
「いえいえっ!わたしのバディは真桐先輩だと聞いていたのでっ!運転技術は機捜イチとの噂はかねがねっ!」

「(あー…やっば先輩やっぱり美人…二年間追い続けてきた甲斐があったぁ!しかもこんなにイケメンな上にスタイルは綺麗だし基本無口なのに優しいのが分かるしもーさいっこー!)」
「警ら出るけど…えっと、どうしたの?」
「なんでもないです!」

「んー、ひったくり事案の報告はこれで良くて…」
「…戸村、車内で事務仕事なんてよくやるね」
「フィジカル以外は優秀な自覚あるのでっ!」

「─シェラ」
「先輩?」
「シェラ、でいい。私の呼び名。親しい人とか、隊長とか他の4機捜メンバーは皆、私のことそう呼ぶから」
「……う」
「戸村?」
「嬉しいっですっ」
「…?ただのニックネームなのだけれど」
「だからこそ、ですっ!あ、わたしの呼び名もどうぞ下の名前で…」
「…アマリ?」
「ありがとうございますっ!」
「…?不思議な子だね、アマリは」






「あっ、せんぱーいやっと来た!遅いですよー!」
「そんなに遅くは、なってない」
「でも今目線そらしましたよね?」
「…早く点検、しようか」


「─あそこの道路封鎖、なんか、変」
「へ?」
「行くよ、アマリ」


「やっぱり…っ!嫌な予感がすると思ったっ!」
「アナウンス入れます!」
「私が撥ねられた子を見る、アマリは呼びかけを続けて!」


「先輩、なんか車が戻ってきて」
「降りて来た…?待って、アマリ伏せて!」





 づゅん、という音と共に、セダンの天井から火花が散りました。
 訳が分からなくて、一瞬固まって。これが拳銃の射撃だということと、それが反対側で静止を呼び掛けていた先輩を狙い損ねたものだと理解するのに、そこからさらに数瞬も必要でした。

「─シェラ先輩!?」

 助手席横に立つわたしから見て覆面パトの反対側、さっきまで立ち上がっていた先輩の姿が見えません。思わず口から出た悲鳴に応えたのは、わたしの腰に下がっているのと同じ、官給品の拳銃の発砲音でした。

「アマリ、車の中に…いや、当てなくていいから牽制して。けっこう腕いいよ、相手」
「せ、先輩無事で…じゃなくて、射撃前の警告は!?」
「暇がない。牽制して。時間が惜しい。早く」

 銀髪を揺らしながら眼前の車両に発砲しつつ、いつも通りの簡素な言葉でそう指示してきます。視線が一瞬後ろを向いたのは、先ほど轢かれた学生を気にかけているからか。
 一方のわたしは、震える手で腰に下げた拳銃を抜き構えます。10年前のテロを最後に、元々よかった日本の治安はさらに改善され、警察官が拳銃を構える機会など、ほとんどなくなっていましたから。よりにもよってなんで今、それもお世辞にも射撃の腕がいいとは言えない自分が。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析